タグ別アーカイブ: AEONラウンジ

AEON(イオン)ラウンジ体験記 in 南風原

恒例のイオンラウンジ体験記。今回は沖縄県のイオン南風原店です。このお店は那覇市からは割と近いものの、やはりクルマでないと来れないと思います。私はドライブの帰り道に寄りました。

ラウンジは2階にありました。予想に反して?ブラックレーベルでした。今回はどのような造りなのでしょうか。

中を覗いて見ると、何という事はない、ピンクレーベルのラウンジとほぼ同じクラスの内容でした。もちろん窓はありません。

今回をもちまして、沖縄県のラウンジ4箇所を全て制覇したのですが、いずれも窓なしラウンジばっかりでちょっとガッカリでした。それに比べて千葉県のラウンジのレベルの高いこと!

私の中のベストラウンジはボンベルタ成田店なのですが、このラウンジを超えるラウンジには当分お目にかかれないような気もします。

以上、ラウンジレポートでした。

AEON(イオン)ラウンジ体験記 in 具志川

恒例のイオンラウンジ体験記。今回は沖縄県のイオン具志川店です。場所ですが、那覇市よりもかなり北のうるま市にあります。

本来であればこのお店に立ち寄る機会は無いはずなのですが、この具志川店の北西には海中道路、伊計島という素晴らしい観光スポットがあり、休憩の為の拠点として使うと非常に便利だと思います。

ちなみに伊計島のビーチはこんなに綺麗だったりするのですが、施設利用料として400円(大人1名)も取られるので要注意。

それでは早速ラウンジに行ってみましょう。モールの造りがやや古い感じなので、ピンクレーベルだろうと思いましたが、やっぱりその通りでした(笑)。

あまりにも予想通りの内容なので、もはや驚きも落胆もありません、と書きたいところですが、お菓子の種類が4点と他のラウンジよりやや多かったです。それと親子連れに配慮しているようで、私が貰っていない、やや大きめのお菓子の袋を渡していました。我ながら、よく観察したなと思います(笑)。

沖縄本島の中部エリアをドライブされる際には是非立ち寄ってみては如何でしょう。

以上、ラウンジレポートでした。

AEON(イオン)ラウンジ体験記 in 沖縄ライカム

恒例のイオンラウンジ体験記。今回はイオンモール沖縄ライカム店です。このモールは沖縄でも最大級の広さらしく、ラウンジも期待できそうです(笑)。

まるでマレーシアのモールのように広大でゆったりした造りです。ラウンジは3FでAeon Styleとモールの間の辺にあります。

ラウンジを発見!新しいモールなので当然かもしれませんが、信頼のブラックレーベルです。

受付を済ませて中に入ります。天井は高くて南国風なインテリアはいいのですが、残念な事に窓がありません。窓側エリアはテナント優先なんでしょうかね。

ラウンジの中もグリーンが設置してあっていい感じですが、窓はやっぱり欲しいです。

例のごとく使用禁止なコンセントw。どうしてこうも厳しいのか。長居防止の為?

正直、ラウンジの内容にはちょっとがっかりでしたが(というか自分が期待しすぎ?)、このモール自体、ラウンジが不要なくらい、素晴らしい造りとなっています。

ガーン!(笑)。凄くないですか?この美しい大水槽!ナポレオンフィッシュもいます。

ドリンクこそ有料ですが、とっても寛げる無料ラウンジコーナーもいっぱい設置してあります。

また、あまり美しくない風景ですが、一応オーシャンビューだったりします(笑)。

沖縄観光のついでに是非寄ってみては如何でしょう。私はレンタカーで行きましたが駐車料金は無料でした。その他に空港から直通バス(152番)が出ているそうなのでそれに乗るという方法もあります。

以上、ラウンジレポートでした。

AEON(イオン)ラウンジ体験記 in 那覇

恒例のイオンラウンジ体験記。今回はちょっと遠出しまして(笑)、沖縄の那覇店まで行ってきました。沖縄県にはラウンジが4つあるのですが、那覇店はゆいレールで行ける唯一のラウンジになります。

最寄りは空港から2駅目の小禄(おろく)駅でイオンの2階とブリッジで繋がっています。

それでは早速ラウンジに行ってみましょう!ラウンジは3階にありました。

一見、ブラックレーベルのラウンジに見えたのですが、奥の方を見てみるとピンク色の看板が。。。この時点で窓無しの狭いラウンジを覚悟しなくてはいけません(笑)。

中に入ると私の予想は見事に的中しましたw。沖縄だから、広くて窓があってキレイな海が見えるラウンジとか期待してしまうのですが、これって高望みでしょうか?

琉球新報を読む。やはり土地柄か、米軍基地に関する記事が紙面を占める割合が高いです。

私が訪れたのは平日の為か、待ち時間も無くラウンジに入れたのですが、やはり人気があるらしく、人の出入りが多くてちょっと落ち着かない雰囲気でした。

ただ皆さんマナーが良く、長居する客は少なかったです。

以上、レポートでした。

AEON(イオン)ラウンジ体験記 in 久里浜

恒例のイオンラウンジ体験記。今回は神奈川県で最も南に位置する、イオン久里浜店です。

イオン久里浜店ですが、大きさ的にはやや小ぶりで屋上に自動車学校が併設されております。コメダ珈琲が入っているのが羨ましいw。それではさっそくラウンジに行ってみましょう!

ラウンジは2階の子供用品売り場にありましたが、ちょっとゴチャゴチャした印象です。一応ブラックレーベルなので期待(笑)。

特に並ぶことも無く、受付を済まし中に入る。ラウンジの広さ的には中くらいですが、窓が無いので閉塞感があります。

お菓子は3種類貰えました。ナッツが美味しかったです。

何故かJTBのパンフが置いてありましたw。ラウンジ内にカートを持ち込む客がいて、ちょっと見苦しい感じがします。

このラウンジの良いところはトイレが中にある事です。中には入ってませんがw。

ラウンジは割りとすぐ混むので落ち着かないですが、粘る客が少なく、皆さん周りの状況を察して早めに上がってくれるので、回転はいい感じです。久里浜自体が観光地なので旅行客が多いような気がします。ちなみに久里浜の海はこんな感じ。

駐車料金ですが車の場合、1円以上のお買上げで1時間無料、バイク・自転車場合は3時間無料となっているようです。

三浦半島に寄った際には、是非一度行ってみて下さい。

AEON(イオン)ラウンジ体験記 in イオン南砂

恒例のイオンラウンジ体験記。今回は東京都のイオン南砂店です。

駐車料金は何と!1時間で500円もしますが、店内で何か買い物(金額の制限無し)をすれば駐車券にスタンプを押してくれて無料になります。

それでは早速ラウンジに行ってみましょう!

すると、残念な事にピンクレーベルのラウンジ表記が見えて来ました。おまけに長〜い待ち行列がw。この時点で入るのを止めようかと思ったのですが、せっかく取材に来てるので、仕方無く待つ事に。。。

周りはおばちゃん、おばあちゃんばかり(笑)。よくもまぁ皆、こんなにも長い行列に耐えられますね、と言った感じです。30分ぐらいは待たされたと思いました。

ようやくラウンジ内に。いつものお菓子と退出予定時刻の書かれた札が(笑)。

室内はご覧の通り、狭くて窓もありません(笑)。こんなにも居心地の悪いラウンジにも関わらず、どうしてこんなに行列が出来るのか、理解に苦しみます。きっと皆さんタダに弱いんですねw。ちょっとでもお金を払えば、もっと居心地の良くて寛げる空間はいくらでもあると思いますが。

このラウンジも混んでいて落ち着かないのでそそくさと退散。このところラウンジ3連敗中ですが、次こそは理想のラウンジに巡り会える事を信じて、また旅に出ようと思います(笑)。

AEON(イオン)ラウンジ体験記 in イオン柏

恒例のイオンラウンジ体験記。今回は千葉県のイオン柏店です。

モールの規模は割りと小さめ。駐車料金は無料なのが嬉しいです。太陽光パネルでエコにも配慮しております。

早速ラウンジに。今回は久々のピンクレーベルのラウンジです。この時点でラウンジが狭かろうが、窓が無かろうが、別に気にしない心構えが既に出来ております(笑)。

席に着くと、自分の退席予定時刻の書かれた札が(笑)。まぁ混んでいるのに30分以上粘る客が多いので、この様になるのでしょう。周りの客の残り時間が見れるのは、ちょっと面白いかも(笑)。

ラウンジの内容は想像通りでした。やはり窓が無い(笑)。ラウンジ内はほぼ満席に近く、イオン大和鶴間を少し広くしたような感じでした。

まぁ正直、このようなラウンジに長居は無用ですね。ドリンクを軽く飲んでそそくさと退散。

 

AEON(イオン)ラウンジ体験記 in イオン土浦

恒例のイオンラウンジ体験記。今回は茨城県のイオン土浦店のご紹介です。

この壁面にびっしりと並べられたソーラーパネルをご覧下さい。茨城県は太陽光発電がとても盛んな地域なのです!

今回のイオン土浦店ですが、とにかく広大で徒歩で端から端まで歩くのは大変そうです。一旦クルマを停めたのですが、あまりにも距離がある為、クルマで再度移動しました。まるでマレーシアにあるイオンモールを彷彿させるような広さです(笑)。当然ですが駐車料金は無料になります。

そしてラウンジを発見!今回も信頼のブラックレーベルです!(笑)。こんなにも広大なモールなのだから、きっとラウンジも空母のように巨大なんだろうとしばし妄想w。

受付でお菓子を頂きました。ラウンジの広さは思ったよりも狭く、ちょっとガッカリしましたが、さほど混んでいなかったので4人席を使わせてもらいました。

コンセントを発見!しかし充電はご遠慮下さいとの冷たい文言が。。。

おお、30分以内の利用と書いてある!しかも急に混雑したりするんだなぁとか思っていたら、ラウンジに次々と家族連れが押し寄せて来て、やむなく4人席から撤退(笑)。

ドリンクバーから振り返ると、ついさっきまで空いていたラウンジが一気に満席となっていて、私の座る席が無くなってしまいました。まるで椅子取りゲームをしているかのようです(笑)。

ラウンジ内には私の嫌いなガツガツとしたオーラで溢れかえっております。最悪w。

仕方無いので立ち飲みバー状態でドリンクを流し込んでそそくさと退散。今まで信頼していたブラックレーベルに裏切られた気がしました。これはピンクレーベルクラスの居心地の悪さ。

このラウンジですが、モールの規模に対して明らかにラウンジの面積が狭すぎるような気がします。設計ミスでしょうか。

ただ茨城県はラウンジの数が4箇所と非常に少なく、客が集中してるだけかもしれません。

今回の土浦店ですが、位置的に使いやすそうだと思っていただけに残念です。まぁ日曜日と言う事で仕方無いのかもしれませんが、ちょっと人が多すぎて寛げませんでした。多分、二度と利用する事は無いと思いますが、今後はラウンジを改装して少しでも広くしてくれるといいですね。

それではまた。

AEON(イオン)ラウンジ体験記 in ボンベルタ成田

恒例のイオンラウンジ体験記。今回は千葉県のボンベルタ成田店です。前回のダイエーと同様にちょっと毛色の違うイオンモールという感じで、スーパーのマルエツが入っていました。今はイオン系列なんですね。

早速ラウンジに向かいます。今回も信頼のブラックレーベルですw。ラウンジに入る前からクオリティの高さを感じます。

このラウンジ、ドアに特徴があり、電気を使わない自動ドアとなっており、不思議な作りとなっておりました。

受付でお菓子を頂けるのですが、4種類ぐらいあるうちからたったの1個だけ選べます。4人グループの人とか、誰が食べる事になるんでしょうか(笑)。

お菓子はショボいですが、この見事なラウンジ席を見よ!と言う感じです(笑)。非常に見晴らしが良く、新緑が目に染み入るようです。

おまけにこのラウンジの広さ!そうです、本来ラウンジとはこのような気持ちの良い空間で在るべき!というお手本を見た感じがしました。

本当にこれがイオンラウンジなのでしょうか?という程の素晴らしい眺望。窓無しラウンジしか使ったことの無い方が見たら何と思うでしょうか(笑)。

30分以内のご利用で、とは何処にも描かれていないのがミソ(笑)。同じイオンラウンジとは思えません。

故障していても誰も困らないイオン端末(笑)。そろそろ撤去しませんか、イオンさん。

今回のイオンラウンジですが、私がこれまで訪れたラウンジの中で文句無しにNo.1でした。しかも駐車料金無料!

これからも千葉、茨城方面に出掛ける際には是非、立ち寄らせて頂きたいと思います。

イオンさん、素晴らしいラウンジをありがとう!

AEON(イオン)ラウンジ体験記 in ダイエーいちかわコルトンプラザ

恒例のイオンラウンジ体験記。今回は千葉県のダイエーいちかわコルトンプラザ店です。店名が非常に長いですw。

私はスーパーの運営母体にはほとんど関心が無く、つい最近まで知らなかったんですが、ダイエーはいつの間にかイオンの傘下に入っていたんですね。

正直ダイエーにはあまり良いイメージが無く、高級感とかラウンジとか言われてもピンと来なかったのですが、今回のお店は近代的なモールと一体となっていて、フロアもかなり広い印象でした。

例のごとく、フロアマップからラウンジの位置を調べます。ただ、このマップは非常に出来が悪く(笑)、現在自分が向いている方角など、まるで考慮しないで書かれている為、私はかなり迷ってしまいましたw。

ようやくラウンジを発見!おおっ、信頼の証、ブラックレーベルです!これはラウンジに入る前から期待できそうです。

待ち時間も無く、すぐ中に入れました。

おお、広くてキレイ!これぞラウンジという感じです!もちろん窓もあります(笑)。

イスやテーブルもキレイで、しかも空いています!これは寛げる雰囲気!

お菓子は例のごとくショボいですが、ラウンジの雰囲気だけでお腹いっぱいです(笑)。

その他、ドリンクバーの様子は他のラウンジと全く一緒です。

私が唯一気になったのがこの案内板。実は千葉県は他の県と違ってイオンラウンジの数がダントツに多いのです。正直、とても不公平に感じる程です(笑)。その裏にはこういう包括協定があったりするんですね。ご当地WAONや千産千消などの表記に注目!

このラウンジ、個人的にとても寛げる雰囲気で良かったのですが、今回はクルマで来た為、駐車料金が1時間あたり200円掛かります。1000円のお買い物をすれば無料になるそうですが、特に欲しいものはありませんでした(笑)。

今回は取材の為来ましたが、駐車料金のコストを考えると、無理にラウンジに立ち寄るよりは、スタバのドライブスルー店舗とかの方がコスパは高くて良さそうですね。

以上、ラウンジレポートでした。