「電車・バス」カテゴリーアーカイブ

バタワース発 寝台列車廃止

前回、ETSに乗ってButterworthまでやって来たが、その最大の目的はここからバンコク行きの寝台列車に乗る事であった。

ただ、嫌な予感はしていた。西海岸線はETSにより電化された為、寝台列車は全て廃止されたと聞いている。但しそれがタイ国鉄にまで及ぶかについてはよく分からない。KTMBのサイトを見るとHat Yai行きやBangkok行きのチケットは既に購入できなくなっているようだ。一方、タイ国鉄のサイトではInternetでのチケット購入は出来ないし、寝台列車(列車番号36番)がマレー時間14時15分にButterworthから発着する時刻表が今も載ってたりするのでどちらが正しいのかよく分からないのだ。

というわけで見切り発車というかダメ元でButterworthまで行って、チケットを購入を試みることにした。

2016_070715_1329_052

カウンターには大勢の人が並んでいた。バンコク行きの寝台列車のチケットを買おうとKTMの職員に尋ねると、まず国境のPadang BesarまでKTMコミューターで行って、そこからでないと乗れない、との事。また、タイ国鉄はもうButterworthまで乗り入れていないとの事。やはり予想通りか。とりあえず国境まで(KTMコミューター)とその先(タイ国鉄)の2枚のチケットを入手。タイ国鉄であってもKTMのロゴになっている点に注目。

2016_070715_2614_920

カウンターでは日本人女性がトラブっていた。英語がよく出来ない為か、バンコク行きの寝台列車がPadang Besar発になった事が理解出来ないようだった。後ほどさり気無くフォローに入る(笑)。

その後、出発時刻の14時に近づいて来た為、先ほどのホームに降りて、今度は古めかしいKTMコミューターに乗車する。

2016_070712_0616_268

2016_070715_3756_497

かつてKL近郊で走っていた車両のお下がりだろうか。ちょっと懐かしい感じがした。またKTMコミューターがButterworth近辺にもあったとは初めて知った。

2016_070715_3825_246

車内の路線図だ。Padang Besar行きは特別列車?の為か表示されていない。何人かの乗客が不安になって駅員さんに訪ねていた。こういう所がマレーシア流だ(笑)。

2016_070715_5011_985

列車は古めかしいものの、一応電車なので思ったよりもスピードが速い。新しいETSに対抗心を燃やしているかのようだった。

またPadang Besarまでの区間は電化に伴い、ホームなども全て一新されており、どの駅舎も新しいものばかりであった。

2016_070715_5033_984

 

15時45分頃、ようやく国境の街、Padang Besarに到着。想像以上に何もない街でビックリした。観光で暇つぶしを出来る雰囲気では無い。

2016_070716_1138_426

2016_070716_1122_601

終点なので荷物をすべて持って一旦ホームに降りなければいけない。そしてホーム内に設置してある入管カウンターにてマレーシアの出国審査とタイの入国審査を受ける必要がある。

2016_070716_1222_816

まずはマレーシアの出国審査。パスポートがマレーシア滞在中に新しいものに切り替わっていた為か、別室に呼ばれ、古いパスポートにスタンプを押してもらう。

次にタイの入国・出国カードに記入し、タイのカウンターへ。入国審査官からは、出国のスタンプの日付が間違っている旨の指摘を受ける。そんな事あるのかとビックリすると同時にそれは彼らのミスだと主張したのだが、あなたはよく確かめる義務があるとの事。確かに仰る通りだが。。。

仕方なく一旦マレーシア側のカウンターに戻ったのだが、彼らは全員、既にいなくなっていてブースは閉じられていた。ほんの数分前の話なのに(笑)。

タイの入国審査官も呆れていたが、何とか入国を許可してくれた。

この鉄道に備え付けの入管というのが空港の施設と比べると本当に適当な作りとなっており、タイの入国手続きが済んだ後でも、再度マレーシアの出国カウンターに戻って行けたりする構造になってたりするのだ。

また出国カウンターと入国カウンターが兼務されているようで列車の来た方向によって出国→入国の順番を換えるだけの作りとなっていた。

もっとも列車の本数が少ないからこのようにな作りでも問題無いのだろうが、日本人には少々不思議に思われる構造だろう。

ホームに隣接してある休憩所にて、しばし寝台列車(18:40発)の到着を待った。

 

ETS Platinum乗車記

先日、KL Sentralからペナン島のあるButterworthまでKTMのETS(Electric Train Service)を利用したので内容をシェアします。名前から分かるようにこのETSはマレー鉄道の電化の象徴で、ディーゼル駆動の寝台列車を隅に追いやる元凶でもあります(笑)。

まずETSには停車駅の違いに基づきSilver、Gold、Platinumの3種類があります。もちろんPlatinumが最も速く、かつ料金も高くなっております(Butterworthまでの場合、PlatinumはRM79、GoldはRM59)。

チケットはKL Sentral等の窓口で事前に購入しておく事が確実ですが、KTMBのサイトが便利でしょう(その場合、手数料RM2かかります。チケットは印刷しなくてもスクリーンショットだけでOK)。

ETSのホームは通常のKTMコミューターとは違い、Intercity用のホームからの発着となるので注意して下さい。

2016_070316_0157_879

2016_070316_0223_721

車両の様子です。この車両自体まだ新しい為、とってもキレイでした。定刻遅れの午前9時5分で出発進行!

2016_070316_0246_059

しばらくすると車内食?を無料で配ってきました。自分はこのような軽食が提供されるのを知らなかったので、売店で買い込んでしまいましたが(笑)。

朝一番の列車だった為か、車内はガラガラ。冷房がガンガンに効いて寒いぐらいです。長袖の衣類でもあったほうがいいでしょう。ちなみに全ての座席下にはコンセントが完備されているのでスマホの充電に最適です(形状はBFタイプ)。

2016_070710_0530_577

KL市内は比較的ゆっくり走っていて、最初はとても特急列車とは思えないスピードでした。線路の状態も悪く結構揺れます。Putra駅を通過した辺りから徐々にスピードアップを開始していきます。何というか加速がイイ感じです。これはもはやマレー鉄道とは言えないレベルです(笑)。

Sungai Buloh駅などは複々線化されている為、既存のKTMコミューターが通過の妨げになる事はありません。

次の停車駅であるIPOHまではかなりの距離があってヒマな為、車内を軽く見て回ることにしました。

20160627_093856

まずETSの路線図と車内案内です。既に南のGemasから北端のPadang Besarまでの全ての区間がETSにより電化されたのが分かります。

次に車内案内ですがA〜Fまでの6両編成となっているようです。まずは食堂車へGO!

2016_070316_0342_097

ナシレマとコーヒーぐらいしか売っていませんが、車内販売を行っているのは嬉しいところです。

2016_070710_0124_584

トイレも比較的綺麗です。ハンドシャワーがあるのがありがたいですね。その他、マレーシアらしい設備としてはムスリムの為のお祈り部屋が設置してある事です。お清めの為の水道もあります。このように移動中であってもお祈りできる環境が完備されている事から、マレーシア人がいかに信心深い人々であるかが良く分かります。

2016_070710_0636_248

車内には液晶ディスプレイがあり、時速90km以上になるとスピードが表示されます。何キロまで加速できるかチラチラ見ておりましたが、今回は最高で140kmぐらいまで出たようです。

2016_070714_0719_546

Kuala LumpurからIPOHまでは直通運転。あまりにノンストップ過ぎて途中で寝落ちしてしまいました。

2016_070714_0345_859

2016_070711_5713_697

11時20分、IPOH到着。さすがにPerak州の首都。豪華な駅舎です。他の駅とは品格が違いますね。

そしてIPOHからしばらく電車に揺られ続けること1時間半。

2016_070714_1026_230

2016_070712_0502_733

定刻より15分遅れ、12時50分にようやく終点であるButterworthに到着しました。KLから約3時間50分の旅。さすがにこれだけ長く乗ってると電車も飽きてしまいます(笑)。快適に旅ができるのはIPOHぐらいまででしょうか。

2016_070712_1707_570

ただ、ここまで来るとペナン島はもう目と鼻の先。海の近くまで来たんだなぁという感じです。

2016_070712_0633_562

2016_070712_0601_441

私が寝台列車に乗り、一晩かけて初めてButterworthまで行ったのが2011年でした。あれから駅舎はすっかり新しくなり複々線化された為、全くの別の駅に到着したかのようです。

以前はKL Sentral〜Butterworth、Butterworth〜Bangkokと寝台列車を乗り継いで行けたらしいのですが、現在はETSによる電化で西海岸線の寝台列車は全て廃止となってしまった為、バンコク行きの寝台列車に乗るには国境のPadang Besarまで電車で行き、そこからタイ国鉄に乗り換えなければならなくなりました。

深夜特急(小説)に憧れてマレー鉄道の寝台列車に乗られた方は大勢いらっしゃると思いますが、マレーシア内ではもはやその風景は無いと思うと少々寂しい気がします。ただしタイ国内の寝台列車に関してはまだまだ健在なので、別記事にて書く予定です。

 

祝!LRTクラナジャヤ線延伸

まさかというか、とうとうというか、私が首を長〜くしてひたすら待ち続けた、待望のマレーシアLRTクラナジャヤ線の延伸部分が本日2016年6月30日にようやく開通しました!おめでとうございます。沿線住民の一人として本当〜に嬉しい限りです!(笑)。

さてさて、今回はどこまでの区間が開通かな?USJ7あたりまでかな?と予想していたのですが、まさかの予想に反して全線開通です!そう、クラナジャヤから終点のプトラハイツまで一気に開通し、別のLRTである、Ampang/Sri Petaling線(以下Ampang線)と完全に繋がってしまったのです!

(ちなみにAmpang線も同日に延伸部分のBandar PuteriからPutra Heights間が全線開通)。

2016_070513_4303_366

2016_070513_4315_297

いやー、本当に凄い。RapidKLやりますね。やっぱり本気だったんですね(笑)。それでは早速乗車してみましょう!

20160701_100519

新しい駅舎です。まだ誰にも知られていないかの如く、人影はまばらです(笑)。

20160701_100611

新しい改札です。駅員さんも暇そう。

2016_070114_5622_138

そしてほとんど待つことなく電車がやって来ました。クラナジャヤ線は本当に本数が多く、ピーク時は電車がホームに来たら次の電車も次の駅に到着しているぐらいに本数が多いです。

今までは終点というとKelana jayaしかなかったのですが、今後は折り返し運転がいくつか発生するようで、途中の駅までしかいかない車両が出てきそうです。写真の列車は終点Putra Heightsまで直通らしく、電光案内板にもそのように表示されておりました。

2016_070315_3526_868

この電光案内板がよく見ると非常に良く出来ており、次の列車の行き先(終点)だけでなく、何両編成か、何分で到着するのか(2分を切った場合はあと何秒で来るのか)まで表示されており、便利だなと思うと同時にマレーシアにしては細かすぎて笑ってしまいました(笑)。

20160701_123047

車内の案内も延伸区間を加えたものに一新

20160701_132251

このLRTクラナジャヤ線は自動運転となっている為、最前列、最後列はガラス張りとなっていて非常に見晴らしがいいです。しかし、このベストポジションは私と同じく試乗しに来たと思われる男性によって既に占拠されておりました(笑)。

20160701_131729

20160701_132041

スバンジャヤの繁華街、SS15にも電車で楽に行けます!もうあの駐車場探しで苦労する心配もありませんw。

2016_070201_1958_561

2016_070318_2455_942

2016_070115_1325_922

2016_070115_1343_962

2016_070215_2638_148

2016_070214_0017_292

2016_070318_2933_518

沿線にはいくつもコンドミニアムがあり、延伸区間の開業によりかなりの恩恵を受けると思われます。もしかしたら大家さんに値上げを宣告されるような事態も十分予想されますが(笑)。

2016_070709_5140_876

USJ7駅ではBRTという高架を走るバス路線と乗り換えが出来ます。同じRapidKLが運営しているので改札を出る必要はありません。

20150619_201336

ちなみにBRTはバッテリー駆動の電気自動車です。

20160701_124650

多くの人々はここで降りると予想される為か、電車もここ止まりのものがいくつか見られました。ここから先は対向の電車の本数もぐっと減ったように感じました。

 

2016_070208_0713_524

20160701_125957

そしていよいよ、終点Putra Heights駅です。右手にはLRT Ampang/Sri Petaling線の新型車両が走っているのが見えます。

20160701_130024

ホームに着きました。4車線の豪華なホームです。しかし残念ながらここで終点。本来ならば乗り換え無しにAmpang線区間に行けなくもない仕様だと思いますが(一部レールが繋がっている)、この先は完全に行き止まりになっているのと、Ampang線はKelana jaya線と異なり、有人運転となっている仕様の為、今後まず直通運転が実施されるようなことはないでしょう。

20160701_130107

Ampang線に乗り換える方はここでホームを降りて乗り換えが必要です。Ampang線は現在、Sri Petaling駅においてさらに旧型車両に再度乗り換えなければいけないなどと、非常に使い勝手の悪い仕様となっている為、7月のハリラヤ期間等をうまく使って、今月中に直通運転できる仕様に変更する予定のようです。

LRTの延伸区間の完全開業により、人々の暮らしは大きく変わると予想されますが、それらは別途レポートしたいと思います。次は2016年末にフェーズ1(Sungai Buloh〜Semantan)、2017年7月に全線が開業予定のMRTが楽しみですね!

LRTクラナジャヤ線延伸間近!?

RapidKLが運営するLRTクラナジャヤ(Kelana jaya)線ですが、現在クラナジャヤ〜プトラハイツ間(13駅:17.4km)の延伸工事を行っております。既に線路や駅舎などはほぼ完成しているものの、開業予定は2016年第二四半期となっているようで、まだまだ先の話かなと思っておりました。

LRT-Extension-Project

peta-transit-lembah-klang

しかし、思った以上に急ピッチで工事が進んでおり、ちょっと様子が変だなぁと思いよく調べたところ、マレーシアの四半期は日本とは異なりイギリス式となっている為、第二四半期は4〜6月に相当する為、実際はいつサービス開始してもおかしくない状態にまで来ていたのでありました(本記事の執筆時点は6月25日)。

 

そして今朝方、やたらLRTが頻繁に行き来する音が聞こえて変だなぁと思いLRTの線路を見てみると、新しい軌道の上をガンガンに電車が走り回っているではありませんか!!!(笑)あくまでまだ試験運転の段階ですが。

 

その本気度たるや

2016_062511_5455_120

こんなだったり

2016_062511_5438_938

こんなだったりw

2016_062511_5344_498

ガーン!(笑)という感じです。RapidKLよ、オマエ本気だったのか!とビックリしてしまいました。

 

というのもここマレーシアでは工事の遅延は当たり前で、あの国際空港であるKLIA2でさえ延期につぐ延期の上、更に延期。。。世界に恥を晒したあげく、しばらく開業は無理だろうと諦めかけた頃にようやくOpenしたという経緯があるからです。

 

ここはマレーシア。スケジュール通りに開業なんて無理。誰も予定なんて知らないし気にしてない、なんて思いが吹き飛ばされそうです。これはもしかしてもしかすると、本当に6月中に開業してしまうかもしれません(笑)。

 

今までだと、終点のクラナジャヤ駅に到着した電車は、しばらくそのまま走行した後、線路の途中で待機して、ホームまで折り返しKL方面に向けて運転をしておりました。

 

それが今回はそのまま延伸区間を走り抜けて行くではありませんか。

2016_062511_4342_858

しかしよく見ると、通常は左側走行(前進のみ)のはずが左側を使って戻って来たりとかもしているので、あらゆる状況を想定して綿密な?テストが行われているのかもしれません(くれぐれも正面衝突とかしないで欲しいけどw)。

 

今のところRapidKLのホームページやメディアには実際の開業日および開業区間(恐らく全区間同時は無理)に関する記述は見られませんでしたが、本当に近いうち開業になるのは間違い無いと、今日の本気のテスト走行っぷりを見て確信しました。

 

LRTが開通すると、個人的には物凄く利便性が上がるので非常に楽しみです!

 

追伸) RapidKLのメディアリリースによると2016年6月30日(木)が開通予定であることが分かりました。その後、新しい情報は今のところ無いみたいなので、とりあえず期待できそうです(笑)。

 

マレー鉄道(KTM)寝台列車を廃止か?②

前回の記事でマレー鉄道西海岸線の寝台列車がどうやら2016年5月19日付で廃止されたっぽいことを書いた。しかし、マレー鉄道(KTM)のサイトを見てもその旨の記述は見られないし、南国新聞などの在馬メディアでも特に取り上げられていないようだ。私自身、ついこないだ(5月15日)乗車したばかりだったので本当かどうか、未だに信じられずにいる。

このマレー鉄道の寝台列車がいかに人気のある移動手段であるかは、多くの方がブログに乗車体験記を書いてある事から明らかだ。寝台列車の廃止は旅行好きの人々にとって一大事件なのだが、今のところまだ知れ渡っていないようでネット上でも廃止に関する情報は驚くほど少なく、特に騒ぎにもなっていないようだ。

今回はそれでも寝台列車を諦めきれない方へのアドバイスと、寝台列車が廃止されても敢えてKLからシンガポールへ鉄道で行く方法について記述したいと思う。

まずマレーシアにはKL〜Gemas〜シンガポール間を結ぶ西海岸線と、Gemasという分岐点からTumpatまでを結ぶ東海岸線(通称ジャングルライン)の2つがある。西海岸線に関しては今回のダイヤ改正後はほぼ期待出来ないと個人的に思っている。何故なら廃止の理由が電化という時代の流れだからだ。一方、東海岸線では今のところすぐに電化するような話はなく、引き続き寝台列車の旅を楽しめると思っている。

東海岸線というと2014年12月に水害で大ダメージを受け、しばらく復旧はしないのではないかと言われていたのだが、先ほどチケットを検索したところ、EKSPRES RAKYAT TIMURANという列車が23:31Gemas発、翌12:15Tumpat着という時間帯で走っているようなのでどうやら無事復旧したようだ。私自身、東海岸線は特に乗る必要性を感じなかった為、今まで一度も乗ったことがなかったのだが、今やマレーシアの寝台列車が貴重な存在となってしまった為、今度東海岸線経由でタイにでも行ってみようかと思う(とは言っても非常に遠回りだが)。価格は寝台の上段でRM40、下段でRM46だ。

あと西海岸線は直通の寝台列車が廃止となってしまった関係上、非常に使いづらい物になってしまったが、それでもKLからシンガポールまで全く行けないという事でもないため、一応行き方のメモを記述しておく。

まずKL Sentralからは電化されたETSがGemasまで走っている。11:49発、12:44発でGemasには14:10、15:10に到着する。値段はRM31と高くなった。またGemasからJB Sentralまではシャトルが出ており、14:50発、15:38発が乗換に最適だろう。JB Sentralにはそれぞれ18:40、19:50到着と、これまた随分時間が掛かる。値段はRM21。

またJB Sentralからはさらに別のシャトルに乗り換えなくてはならず、19:00、21:00、22:15と使いづらい時間帯のものしかない。値段はRM5。このシャトルを使う唯一のメリットとしては、鉄道専用の入管を使うことになるので、人が少なくあまり並ばなくて良い、というメリットがある。私は一度シンガポールからcauseway経由のバスでJohor入りした事があるが、あまりの人の多さにビックリした事がある。並ぶのが嫌な方は断然鉄道の入管を使うことをお勧めする。

マレー鉄道(KTM)寝台列車を廃止か?

日本では絶滅寸前の寝台列車ですが、マレーシアではまだまだ現役で、なおかつ値段が安かった(最低でRM40ぐらい)為、私はシンガポールに行く際はちょくちょく愛用していました。またペナン島に行く際も同様にお世話になっておりました。

20150605_224632

しかし最近になってマレー鉄道の予約サイトでチケットを検索するとKL Sentral〜JB Sentral、KL Sentral〜Butterworth(ペナン)の両区間とも、寝台列車のチケットが全く表示されないようになってしまっていて、何か変だ?とずっと思っておりました。

そんな中、KTMに詳しいサイト(Chromeブラウザによる表示推奨)を見つけ、内容をよくチェックしてみると何やらショックな内容が書かれておりました。どうやらマレー鉄道は2016年5月19日にダイヤ改正を実施し、西海岸線(つまりいつも使ってる路線)に関しては気動車型急行が全て消えてETSに置き換わったとの事です。つまりKTMの押し進める電化政策により、従来型のディーゼル列車(寝台列車含む)は姿を消した事になります(但しGemas〜JB Sentral〜Woodlands間は未電化)。

ガーン!大ショックです。実は8月に姉とその家族が遊びに来る予定だったのですが、その際にマレーシアの寝台列車をぜひ体験させてあげようと思っておりました。。。一番の見せ所だっただけに非常に残念です。仕方無いのでシンガポールには飛行機で移動する事にします。

それにしてもマレー鉄道に関しては(旅行者目線での)サービス改悪が非常に多いと思っております。まず2011年7月のTanjung pagar駅(シンガポール駅)の廃止。これによってシンガポール内での区間が短くなり、遠く不便で風情の無い、Woodlands駅の発着となってしまいました。Tanjung pagar駅はシンガポールを代表するに相応しい、格調高い駅だっただけに非常に残念です。

次に2015年7月のシャトル列車導入。これはWoodlands〜JB Sentral間にシャトル列車を走らせるというもの。普通に考えると利便性が良くなるはずと思うのだが、電車ではなく従来通りのディーゼル車両の為スピードも遅く、何故か本数も非常〜に少なく、KL Sentralから寝台列車で来た客はJB Sentralで一旦降り、シャトル(チケットは別購入)に乗り換えなければならず、利便性はかなり低下してしまった(従来は同じ車両でそのまま行けた)。

そして今回2016年5月19日の電化に伴う寝台列車廃止。。。確かにIpohやButterworth行きの列車は徐々に電化されていっており、Singapore〜Malaysia間の高速鉄道(HSR)の建設計画も別途あるので、寝台列車はいずれ姿を消すものと思っていましたが思ったより早く実施されてしまい、非常に残念です。

しかもこの電化というのがまだ中途半端で、マレー鉄道全体が電化されたのではなく、西海岸線のPadang Besar〜KL Sentral〜Gemas間のみ電化、Gemas〜JB Sentral〜Woodlands間は従来通り未電化となっている為、マレーシアからシンガポール間は完全に分断され、鉄道で旅行しづらい環境になってしまったという印象です。

今後、西海岸線に関しては完全に電化されてしまっても運行ダイヤをうまく工夫して寝台列車を復活させてくれると嬉しいです(東海岸線はまだ電化されていないので乗れるチャンスはあるかもです)。