祝!LRTクラナジャヤ線延伸


まさかというか、とうとうというか、私が首を長〜くしてひたすら待ち続けた、待望のマレーシアLRTクラナジャヤ線の延伸部分が本日2016年6月30日にようやく開通しました!おめでとうございます。沿線住民の一人として本当〜に嬉しい限りです!(笑)。

さてさて、今回はどこまでの区間が開通かな?USJ7あたりまでかな?と予想していたのですが、まさかの予想に反して全線開通です!そう、クラナジャヤから終点のプトラハイツまで一気に開通し、別のLRTである、Ampang/Sri Petaling線(以下Ampang線)と完全に繋がってしまったのです!

(ちなみにAmpang線も同日に延伸部分のBandar PuteriからPutra Heights間が全線開通)。

2016_070513_4303_366

2016_070513_4315_297

いやー、本当に凄い。RapidKLやりますね。やっぱり本気だったんですね(笑)。それでは早速乗車してみましょう!

20160701_100519

新しい駅舎です。まだ誰にも知られていないかの如く、人影はまばらです(笑)。

20160701_100611

新しい改札です。駅員さんも暇そう。

2016_070114_5622_138

そしてほとんど待つことなく電車がやって来ました。クラナジャヤ線は本当に本数が多く、ピーク時は電車がホームに来たら次の電車も次の駅に到着しているぐらいに本数が多いです。

今までは終点というとKelana jayaしかなかったのですが、今後は折り返し運転がいくつか発生するようで、途中の駅までしかいかない車両が出てきそうです。写真の列車は終点Putra Heightsまで直通らしく、電光案内板にもそのように表示されておりました。

2016_070315_3526_868

この電光案内板がよく見ると非常に良く出来ており、次の列車の行き先(終点)だけでなく、何両編成か、何分で到着するのか(2分を切った場合はあと何秒で来るのか)まで表示されており、便利だなと思うと同時にマレーシアにしては細かすぎて笑ってしまいました(笑)。

20160701_123047

車内の案内も延伸区間を加えたものに一新

20160701_132251

このLRTクラナジャヤ線は自動運転となっている為、最前列、最後列はガラス張りとなっていて非常に見晴らしがいいです。しかし、このベストポジションは私と同じく試乗しに来たと思われる男性によって既に占拠されておりました(笑)。

20160701_131729

20160701_132041

スバンジャヤの繁華街、SS15にも電車で楽に行けます!もうあの駐車場探しで苦労する心配もありませんw。

2016_070201_1958_561

2016_070318_2455_942

2016_070115_1325_922

2016_070115_1343_962

2016_070215_2638_148

2016_070214_0017_292

2016_070318_2933_518

沿線にはいくつもコンドミニアムがあり、延伸区間の開業によりかなりの恩恵を受けると思われます。もしかしたら大家さんに値上げを宣告されるような事態も十分予想されますが(笑)。

2016_070709_5140_876

USJ7駅ではBRTという高架を走るバス路線と乗り換えが出来ます。同じRapidKLが運営しているので改札を出る必要はありません。

20150619_201336

ちなみにBRTはバッテリー駆動の電気自動車です。

20160701_124650

多くの人々はここで降りると予想される為か、電車もここ止まりのものがいくつか見られました。ここから先は対向の電車の本数もぐっと減ったように感じました。

 

2016_070208_0713_524

20160701_125957

そしていよいよ、終点Putra Heights駅です。右手にはLRT Ampang/Sri Petaling線の新型車両が走っているのが見えます。

20160701_130024

ホームに着きました。4車線の豪華なホームです。しかし残念ながらここで終点。本来ならば乗り換え無しにAmpang線区間に行けなくもない仕様だと思いますが(一部レールが繋がっている)、この先は完全に行き止まりになっているのと、Ampang線はKelana jaya線と異なり、有人運転となっている仕様の為、今後まず直通運転が実施されるようなことはないでしょう。

20160701_130107

Ampang線に乗り換える方はここでホームを降りて乗り換えが必要です。Ampang線は現在、Sri Petaling駅においてさらに旧型車両に再度乗り換えなければいけないなどと、非常に使い勝手の悪い仕様となっている為、7月のハリラヤ期間等をうまく使って、今月中に直通運転できる仕様に変更する予定のようです。

LRTの延伸区間の完全開業により、人々の暮らしは大きく変わると予想されますが、それらは別途レポートしたいと思います。次は2016年末にフェーズ1(Sungai Buloh〜Semantan)、2017年7月に全線が開業予定のMRTが楽しみですね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA