バタワース発 寝台列車廃止


前回、ETSに乗ってButterworthまでやって来たが、その最大の目的はここからバンコク行きの寝台列車に乗る事であった。

ただ、嫌な予感はしていた。西海岸線はETSにより電化された為、寝台列車は全て廃止されたと聞いている。但しそれがタイ国鉄にまで及ぶかについてはよく分からない。KTMBのサイトを見るとHat Yai行きやBangkok行きのチケットは既に購入できなくなっているようだ。一方、タイ国鉄のサイトではInternetでのチケット購入は出来ないし、寝台列車(列車番号36番)がマレー時間14時15分にButterworthから発着する時刻表が今も載ってたりするのでどちらが正しいのかよく分からないのだ。

というわけで見切り発車というかダメ元でButterworthまで行って、チケットを購入を試みることにした。

2016_070715_1329_052

カウンターには大勢の人が並んでいた。バンコク行きの寝台列車のチケットを買おうとKTMの職員に尋ねると、まず国境のPadang BesarまでKTMコミューターで行って、そこからでないと乗れない、との事。また、タイ国鉄はもうButterworthまで乗り入れていないとの事。やはり予想通りか。とりあえず国境まで(KTMコミューター)とその先(タイ国鉄)の2枚のチケットを入手。タイ国鉄であってもKTMのロゴになっている点に注目。

2016_070715_2614_920

カウンターでは日本人女性がトラブっていた。英語がよく出来ない為か、バンコク行きの寝台列車がPadang Besar発になった事が理解出来ないようだった。後ほどさり気無くフォローに入る(笑)。

その後、出発時刻の14時に近づいて来た為、先ほどのホームに降りて、今度は古めかしいKTMコミューターに乗車する。

2016_070712_0616_268

2016_070715_3756_497

かつてKL近郊で走っていた車両のお下がりだろうか。ちょっと懐かしい感じがした。またKTMコミューターがButterworth近辺にもあったとは初めて知った。

2016_070715_3825_246

車内の路線図だ。Padang Besar行きは特別列車?の為か表示されていない。何人かの乗客が不安になって駅員さんに訪ねていた。こういう所がマレーシア流だ(笑)。

2016_070715_5011_985

列車は古めかしいものの、一応電車なので思ったよりもスピードが速い。新しいETSに対抗心を燃やしているかのようだった。

またPadang Besarまでの区間は電化に伴い、ホームなども全て一新されており、どの駅舎も新しいものばかりであった。

2016_070715_5033_984

 

15時45分頃、ようやく国境の街、Padang Besarに到着。想像以上に何もない街でビックリした。観光で暇つぶしを出来る雰囲気では無い。

2016_070716_1138_426

2016_070716_1122_601

終点なので荷物をすべて持って一旦ホームに降りなければいけない。そしてホーム内に設置してある入管カウンターにてマレーシアの出国審査とタイの入国審査を受ける必要がある。

2016_070716_1222_816

まずはマレーシアの出国審査。パスポートがマレーシア滞在中に新しいものに切り替わっていた為か、別室に呼ばれ、古いパスポートにスタンプを押してもらう。

次にタイの入国・出国カードに記入し、タイのカウンターへ。入国審査官からは、出国のスタンプの日付が間違っている旨の指摘を受ける。そんな事あるのかとビックリすると同時にそれは彼らのミスだと主張したのだが、あなたはよく確かめる義務があるとの事。確かに仰る通りだが。。。

仕方なく一旦マレーシア側のカウンターに戻ったのだが、彼らは全員、既にいなくなっていてブースは閉じられていた。ほんの数分前の話なのに(笑)。

タイの入国審査官も呆れていたが、何とか入国を許可してくれた。

この鉄道に備え付けの入管というのが空港の施設と比べると本当に適当な作りとなっており、タイの入国手続きが済んだ後でも、再度マレーシアの出国カウンターに戻って行けたりする構造になってたりするのだ。

また出国カウンターと入国カウンターが兼務されているようで列車の来た方向によって出国→入国の順番を換えるだけの作りとなっていた。

もっとも列車の本数が少ないからこのようにな作りでも問題無いのだろうが、日本人には少々不思議に思われる構造だろう。

ホームに隣接してある休憩所にて、しばし寝台列車(18:40発)の到着を待った。

 


「バタワース発 寝台列車廃止」への15件のフィードバック

  1. 8月に同じ行程予定でした。
    事前にバタワース発バンコク行きチケットを入手して。
    ETSでPadang Besar駅まで移動しPadang Besar駅券売所で尋ねると、「1番ホームから出発する」と。
    1番ホームにあるPadang Besar駅内のイミグレカウンターは電気が消え誰もいなかったので他の乗客数十人と共にそのまま乗った結果は、、、

    タイ出国時に逮捕、留置場、罰金刑、国外退去処分となってしまいました。
    いまでも信じられません
    他の乗客はどうなったのだろうか?

    1. せんさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      今回はとんだ災難でしたね。
      イミグレ不在により、マレーシア出国、タイ入国の処理をせずにタイに入国してしまった感じですか?

      自分の時もイミグレのスタッフは相当適当な連中でしたので、何が起きてもおかしくないと思っております。これに懲りず、また鉄道旅行をエンジョイして下さいね。

  2. コメントありがとうございます
    その通りです
    不法入国さらに不法滞在扱いにもなり、タイ5年間入国禁止みたいです(涙)
    マレー鉄道制覇を計画していたのですが
    マレーシア出国スタンプもないのでマレーシアにはもう入れないかも
    未だにあの時どうすればよかったのか判らず、下調べ、現地語の大切さを身にしみて感じました。
    同じ旅程の方が私と同じ目に遭わないよう祈ります

  3. せんさん、こんばんは。
    トラブルも旅の醍醐味とは言うものの、あまりにも痛い代償でしたね。
    通常はPadang Besarに列車が到着した段階で、ホームに降ろされ、マレーシア(出国)のイミグレに誘導するスタッフがいるのでトラブルは起きないはずなんですが、その時トイレに行ったり、何かをしていて(せんさんの場合は先に券売所に行った事が該当)、タイミングを逃すと、イミグレスタッフは乗客全員の手続きが完了したと勘違いをし、さっさと入管を閉めて帰ってしまうので、トラブルが起こったのかもしれません(実際に出国手続きを必要としない地元の住民などもいるので、イミグレスタッフも乗客全員が手続き対象とは思っていないと思います)。

    ただ、このようなトラブルが起きるのは入管関係者であれば十分予想できたと思います。それにも関わらず、旅行者だけ一方的に裁かれて、入管の連中はお咎め無し、というのも納得が行きませんね(実際には何らかの処分がなされたかもしれませんが)。
    いつ、どのようなタイミングで入出国手続きを必要とする人間が現れるのか分からないので、入管は最低でも1箇所ぐらいは開けておくべきですね。
    せめてこのようなブログでトラブル事例を共有し、不幸な旅行者が増えないよう、水際で食い止めるしかありません。

  4. はじめまして。

    せんさんはとんだ災難でしたね。
    そこで、被害者がこれ以上出ないようにパダンブサール鉄道駅イミグレの詳細とパダンブサール発着にすでに変更となったタイ国鉄特急35/36列車について書いておきますね。

    まず、列車の切符の購入についてですが、すでにマレーシア内での運行が廃止になっているため、今年7月からはパダンブサールからバンコクへ向かう36列車の切符はマレーシア内の駅で購入することは一切不可能です。タイ側パダンブサール駅のタイ国鉄の窓口でのみ購入可能です。 
    逆にバンコク発35列車はバタワースまでのマレーシア内停車駅までの切符を通しで購入することがまだできます。
    しかし、列車自体はパダンブサール止まりのため、列車から完全におりて出入国審査を受けます。その後マレーシア側のホームから接続のコミューターに乗ります。(検札にきたらタイで購入した切符を見せればよいです)
    しかし、実はバラバラに購入した方が通しで購入するよりも若干安上がりとなります。

    次にパダンブサール鉄道駅のイミグレですが、マレーシア、タイ両国の審査官共に、36列車が出る時間帯にはすでに鉄道駅内にあるイミグレにはおりません。(これもやはり7月からだそうです)
    既に国際列車としての役割が終わってしまっているとの解釈だそうで、彼らは15:40で帰ってしまいます。(タイ時間では14:40)
    何故この時間かというと、特に日本人旅行者にはほとんど知られてなく、昨年12月より、新たにハジャイ~パダンブサールを結ぶシャトル列車が1日2往復運行されていて基本的にはその時刻にあわせてイミグレをオープンさせているからです。
    (やり取りから、36列車より確実にこの2本のシャトル列車に重きを置いているのがミエミエでした。)
    ハジャイ行きシャトルの2本目の発車時刻がマレーシア時間15:40であり、それが無事に発車すれば彼らの業務は終了。という訳です。従って、旅行者はこれからは36列車ではなく、この1日2本あるハジャイ行きシャトルに何とか乗れるように計画を立てなければいけないという事になります。

    パダンブサール~ハジャイ間は9:55(8:55)発と15:45(14:45)発の2本があり、ハジャイまでの所要時間は55分。運賃は80バーツです。切符はタイ側ホームにある切符売り場で当日購入のみ可能です。

    ハジャイでのバンコク方面への接続列車は以下の通りです。

    パダンブサール発9:55の場合。
    (8:16着のバタワース発コミューターか9:10着のイポー発ETSから乗り継げます)
    10:58発普通448列車スラタニー行
    13:50発普通452列車ナコンシタマラート行
    14:45発快速170列車バンコク行
    (2等AC寝台、2等扇風機寝台各1両連結。快速なので食堂車は適正価格。更に割安な弁当をしょっちゅう売りに来ます。➡おすすめ列車)

    パダンブサール発15:40発の場合。
    (14:16着バタワース発コミューターか、15:10発KLセントラル発ETSから乗り継げます)
    15:39発快速172列車バンコク行。
    (シャトルとの乗り換え時間は時刻表上は4分しかないが、この列車は毎日遅延を出しているのでまず時刻表通りには来ないのでほぼ乗り継ぎは可能。3等車はタイ人にかぎり運賃無料のため車内は超カオス状態)
    16:23発特急42列車バンコク行。
    (全車リクライニング座席車のみを連結した気動車。加えてAC ガンガンで普通の格好で乗ったら凍死間違いなし。➡間違ってもバンコクまで乗ってはいけません)
    18:10発特急38列車バンコク行。
    (寝台車はAC 車のみ。後発の36列車より切符が取りやすい。3等車はガラガラ。下手したら終点まで6名Box一人で占拠できます。
    快速172列車と同じく毎日遅延。)

    36列車にこだわらずにシャトル列車を使ってハジャイまでたどり着ければ、列車の選択肢は増えますので、マレー半島鉄道で制覇は更に現実味を帯びてきます。

    シャトル列車の存在さえ知っておけば、このイミグレでの被害者も減ると思います。

    長々と書きましたが是非参考にして頂ければと思います。

    1. Timhoさん
      こんにちは とらねこです。
      貴重な旅の情報、ありがとうございます!
      確かにイミグレはシャトル列車の到着にあわせてOPENしているだけで
      肝心な36列車の出発時には開いてないですよね。
      まぁ審査官からすれば、客もいないので仕方がないとは思いますが。

      個人的にパダンブサールのルートは3回使ったので、次はスンガイコーロク経由で旅をしたいですね。
      こちらは治安の悪いルートを通るようで、ちょと緊張しますが。

  5. せんです
    Timho36さん
    とらねこさん
    その情報が確かならば
    かなりの人が捕まることになりますよね
    信じられない…
    なんてところだったんだ…

  6. >コメント欄の皆様
    こんにちは、自分は今まさにクアラルンプール駅にいて
    自分も鉄道でバターワース-バンコクを行こうとしています。
    こちらの記事とコメントから推測すると、バターワース発バンコク行き(パダンブサール乗り換え)の36号電車に乗ってはいけないということですよね
    もしご存知でしたら教えていただけるとありがたいです
    本当は寝台列車で行きたいのですが、あまりにも怖いのでバスにしようかとも考えています

    1. ピカ太郎さん
      とらねこです。コメントありがとうございます!
      寝台列車はぜひ乗ってくださいよ。
      記事でも書いたのですが、バタワースからはもう寝台列車は出ていないので、KLからパダンブサールまで直で移動し、パダンブサールから寝台列車に乗るのがベストです。

      もしくはバタワースで一泊し、次の日にKTMコミューターでパダンブサールまで移動し乗ってもいいかもしれません。

      寝台列車のチケット自体はKLでもパダンブサールでも
      どこでも購入出来ると思います。

      1. ありがとうございます
        いろいろ調べて行った結果何事もなく寝台列車に乗ってバンコクにつくことができました
        のちの人のためにもまとめておきます
        タイの電車のチケットはマレーシアでは一切買えません
        国境のパダンブサール駅で買えます
        ここのイミグレはほんとテキトーで、イミグレを通る前にタイに入ってタイ国鉄のチケットを買い、またマレーシア側に戻って、時間になったらイミグレを通るという感じでした
        イミグレは前出の通りマレーシア時間9:00-10:00,15:00-16:00しか空いていません、タイ側もこれと同じときに合わせて開きます、つまりタイ時間ですと一時間進んだ10:00-11:00,16:00-17:00しか開かないということです
        これは両国のイミグレ官に直接聞いたのですが、投げやりな返答だったので正確ではないかもしれません
        今後このルートを辿る方はTimho36さんの情報と合わせて頑張って下さい

        せんさんは大変な経験をされましたが、このサイトがなかったら自分も国外追放されてたかもしれません
        みなさん情報をありがとうございます

        1. ピカ太郎さん
          とらねこです。無事、バンコクまで行けたようで良かったです。タイ国鉄のチケットはやはりマレーシアでは購入できなくなったようですね。
          私も機会があればまたこのルートで旅をしてみたいものです。

  7. ピカ太郎さん
    せんです。
    無事でなによりでした。

    私は16:16定刻着Padang Besar駅でしたので、イミグレに誰もいない時間だったようです。

    9:00-10:00,15:00-16:00に駅イミグレに行けない場合は
    駅から歩いて車で越境できる国境イミグレまで行き、「タイ側のPadang Besar駅」から乗車するようです。
    (参照)
    http://4travel.jp/travelogue/11173640

    タイ側の駅の存在は誰も知らないのでは・・

    なお
    私の顛末記を載せていただきましたので
    よろしければご参照ください。
    http://warashibe76.com/category/short-story-novel/incredible-story/

    1. せんさん
      とらねこです。ブログのリンクありがとうございました。
      それにしてもタイ政府には他人事ながら腹が立ちますね。
      職務怠慢な入管の職員達こそ罪を問われるべきでしょう。

    2. こんにちは!
      今ペナンにいて、明日はバタワース〜プダンバザールと移動してタイ国鉄プダンバザール〜バンコクを寝台列車で移動予定ですが、質問させて下さい。
      寝台列車はオンラインですでに予約しました。

      コミューターの時刻表見ると16時16分着があり寝台列車はタイ時刻で17時なので、マレーシア時刻では18時。ちょうどいい時間とおもってたんですが、その時間では出入国手続きできないということでしょうか?

      1. まさやさん、こんばんは。
        管理人のとらねこと申します。

        以前、私が旅行した状況と現在ではかなり状況が変わっているようので、アドバイスは難しいですが、書き込みの情報から参考情報としてお伝え致します。

        まずイミグレスタッフですが、寝台列車の到着時のタイミングでは既に帰ってしまってブースにいないようです(Timho36さん他の情報)。

        パダンブサール16時16分着では危険だと思います。何故なら彼らは15時45分発ハジャイ行きに合わせて帰ってしまうからです。

        可能であればKTMの窓口に行き、もう少し早い便に変更してもらうか、鉄道ではなく徒歩で国境を超えて(当然イミグレも道路側のを使う)、タイ側のパダンブサール駅から乗り込むのがいいかもしれません。

        上記の手順は私は未経験なので責任は負えません。時刻表も調べてませんので、ご自身で再度確認することをオススメ致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA