AEON(イオン)ラウンジ体験記 in 品川シーサイド


イオンラウンジのレビュー、今回が2回目になります。前回は神奈川県のイオン大和鶴間店(イオンモール大和)のラウンジに行ったのですが、狭くて混んでおり、あまり寛げない印象でした。

今回、私がお邪魔したのは東京都にあるイオン品川シーサイド店になります。品川と名前がついておりますが、品川駅からはかなり遠く、最寄り駅はりんかい線の品川シーサイド駅になります。京急の青物横丁駅からも歩いて行ける距離です。

ラウンジの場所は前回とほぼ同様、紳士服売り場の角にひっそりとありました。名称がAEON CLUB LOUNGEとなっていたり、AEON LOUNGEとなっていたり、統一されていない印象です。また最近出来たラウンジは看板がピンクでは無く、黒だったりして高級感を醸し出しているようです。

今回は平日の午前中に行ったので、待ち時間はゼロ、店内も混んでませんでした。このラウンジはスペースが広い為か、30分以内の利用をあまり強調してませんでした(笑)。

ただ窓が無く、ちょっと閉塞感があるのと壁や椅子に台車がぶつかった様なキズがあるのが気になりました。昔は倉庫だったのでしょうか。またスマホの充電できるコンセントなども無く、比較的古い設備に見えました。

無料Wifiも一応使えますが、電波が頻繁に切れたりして接続が非常に不安定でした。

お菓子を頂けるのは有り難いのですが、量が少ないのと、前回と同じ内容でワンパターンに思えました。昔は山盛り貰えたような話もあり、羨ましい限りです(笑)。

ジュースの内容もほぼ一緒でした。今回はトマトジュースは置いていないみたい。

コーヒーのサーバも同じ物を使っているようです。。。

前回は初のイオンラウンジ利用と言う事で、少し気分が高揚しており(笑)、今後は全国のラウンジを回ってやるぞ!などと意気込んでいたのですが、今回2回目の感想として、あまりにもサービス内容が画一的でつまらなく思えました(無料で利用しているのにごめんなさい)。

あとラウンジというよりは、従業員の休憩室にドリンクバーが付いた様な雰囲気で、空港のラウンジのような特別感、リラックス感、優雅な雰囲気はありません。

前回、ラウンジに寄った帰り道にドトールの新しい店舗があり、とっても綺麗で寛げそうな雰囲気でした。当然お客さんで賑わっており、ほぼ満席に近い状態でした。

例え有料であってもこっちの方がいい!と私は思わず思ってしまいました(笑)。またラウンジではないドトールの方が、よっぽど優雅でラウンジっぽく見えました。

恐らくイオンさんの方でも予算に限りのある中、色々と試行錯誤しながらラウンジを運営されているとは思いますが、現状この取り組みはあまり上手く機能していないように思えました。

お菓子の量が削減されたり、30分制限があったり、ラウンジなのに何故か居心地が悪い(笑)、というのがその最たる例でしょう。

私もラウンジ目当てにここまで来ましたが「あれ、何か違うぞ?」と感じ始めています。私だけであればまだいいのですが、せっかくイオンに興味を持つようになった人間が、続々と離れてしまってはラウンジの取り組みも本末転倒でしょう。

イオンさんも我々もお互いにWin Winとなるように、今後はラウンジのあり方を一度見直した方がいいかもしれません。

私からの提言としては

  • 一般客の入れない、特別な空間のはずのラウンジが、なんだか寛げない、安っぽい空間に成り下がってしまっている
  • 予算内で何とかラウンジを切り盛りするとかでは無く、このような内容のラウンジを提供したいが、その為にはどうすれば良いか?という視点で再度イチから見直ししてみる
  • イオンカード(一般)を保持している客に限り、有料で利用出来るようにする
  • ラウンジ内にご意見箱を設置し、お客さんの意見を取り入れる
  • 画一的なラウンジ運営を止め、店舗ごとに個性を出してみる。担当者に一定の権限を与え、ある程度自由に運営させる
  • お菓子を単にローテーションで出すのは止め、現在開発中の新製品をアンケートへの回答を条件にお客に提供する。
  • 1店舗だけでいいので高級住宅街等のイオンに豪華なラウンジを作ってみる(マスコミ等による宣伝効果も出ると思います)
  • たとえ有料(もしくは割引価格)でもいいのでケーキやスイーツ等も置いてみる。支払いはイオンカードかWAONのみに限定する
  • 今後建設予定のラウンジには必ず窓を設置し、閉塞感を無くす
  • ラウンジが寛げる空間かどうか、再度確認し、あまりにも狭くて居心地の悪いラウンジは思い切って閉鎖してみる
  • ドトール等とのコラボで1つだけラウンジを作ってみる。この場合、飲み放題ではなく、コーヒー1杯のみ無料とかにする
  • 混雑時なのに30分以上粘る客、1日に何度も利用する客、持ち帰りする客などは排除する
  • 混雑の激しい店に関しては上記に加え、当日の利用レシートも提示するルールにする
  • 現状、お菓子は1グループ毎にたったの1セットだが、利用レシートを提示した場合は人数分提供するようにする。
  • ラウンジの本来在るべき姿を明確にし、お客が是非とも利用したい!と思えるラウンジをまず作り上げる。ラウンジの評判が上がれば株主やゴールドカード取得を目指す人間がもっと増え、イオンの経営も安定する(と思われる)

などを挙げさせて頂きます。たかだか2回ぐらいしか使ってないのに、偉そうにいっぱい意見してすみません(笑)。

ただ、せっかくの面白い取り組みだと思いますので、もっと上手く機能して欲しいなと言うのが利用者としての本音です。

以上、参考にして頂けますと幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA