チャンギ国際空港行き市内バス(36番)


シンガポール旅行からの帰り道、あなたならどのような交通手段で空港まで行きますか?

たいていの方はMRTかタクシーになるかと思います。実際、MRTは速くて便利なのですが、いつもと同じルート、乗り換えが面倒、都心部では地下を走るなど、面白みに欠けるので、今回は初めてバスに乗って空港まで行ってみようと思います!

まずこの空港行きの36番バスですが、何とオーチャード駅付近から乗る事が出来ます!オーチャード通りの素敵な風景を眺めながら、優雅に空港まで行けるなんて素晴らしいと思いませんか?

いつも見慣れた高島屋を通過(笑)。このバス路線、空港行きと長距離路線にも関わらず、地味に人気があるのか、人がどんどん乗ってきます。

オーチャード付近を過ぎるとDhoby Ghaut駅やRuffles Hotel、Suntec Cityでも乗れますが、座って空港まで行きたい方は可能な限り上流から乗る事をオススメ致します(笑)。

今回、このバスで空港まで行って、どのようなルートを通ったか、最終的にマップでも作ろうかと思っていたのですが、悲劇は突然起こりました。

バスが交差点を右折した時に後方でガツン!と鈍い音。これはひょっとして...

あーあー、やってしまいましたね。巻き込み事故ってやつです(笑)。しかもお相手は

これまた運転のプロであるはずのタクシー!ウインカーがもげてしまっています。タクシーの方が後方を走っていたので、恐らく回避義務はタクシーにあったと思いますが、スピードを落とさず突っ込んでしまったのでしょうか。

私がカルチャーショックを感じたのが、事故後のバス運転手の対応。困ったように頭を抱えるだけで、乗客には何の謝罪、説明・案内も無し(笑)。彼はいい歳のオジサンに見えましたが、これではまるで子供のような対応です。

当然振替便の手配なども一切無し。挙句の果てには、このまま車内にいても時間の無駄だ、と自ら悟った乗客が次々と降りて行く始末。

シンガポールは1人あたりのGDPは日本をとっくに抜き豊かな国になりましたが、人の成長といった点ではまだまだ他の発展途上国と同レベルなんだなぁと強く感じました。

結局、よくわからない場所に放り出され、どのようなルートで空港に行ったら良いのかすら分からなかったのですが、別系統のバスとMRTを乗り継いで何とか空港まで辿り着きました。

今回、普通のルートでは満足出来ない私にとっては、とても刺激的な小旅行となってしまいましたが(笑)、これに懲りず、次回も36番バスを使って空港まで行くと思います。

このチャレンジャーな性格、何とかしたいのですが、基本的にバスは好き(しかもシンガポールのバスは2階建てで乗り心地が良い)ので直らないでしょうね(笑)。

 

ちなみにこの36番バス、空港からはWest Coast Parkまでですが、一度乗った事があります(笑)。海がとっても綺麗な公園なので、是非一度行ってみて下さい。

それではまた!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA