カテゴリー別アーカイブ: エアライン

AIR CHINA(エアチャイナ)体験記

普段LCCをメインに使い、格安旅行をしている私ですが、先日イタリアのミラノに行く機会があり、中国のフラッグシップであるエアチャイナ(中国国際航空)を使ったお陰で、とても安く旅行することができたので内容をシェア致します。

sdr

ヨーロッパというと、飛行機代が高いので行く前から二の足を踏んでしまう方が多いと思います。私もかつてはそうでした。しかし、このエアチャイナを知ってからというもの、最低でも年1回はヨーロッパに行きたいなという意識に変わってしまいました(笑)。

今回は飛得セール(2/20〜2/28)という、オトクなセール期間中にチケットを買いました。

その驚きのプライスですが何と!56,900円ポッキリでした!これは片道ではなく往復のお値段です!支払いはクレジットでしたがLCCのような高額手数料は掛かりませんでした。

しかも予約クラスがSだったお陰で、区間マイルが50%も付き、6,358マイルも貯まりました(ANAの国内線片道分に相当します)。

もちろんエアチャイナが安いのは知ってるけど、機内食が不味いらしいし、便の遅延も多いみたいだから怖くて使えないよ、という方もいると思うので、是非私の記事を参考にしてもらいたいと思います。

エアチャイナの凄いところは支払いと同時に、PDFの領収書&旅程表&eチケットが届き、これ以降は基本的に何も届かない事です(旅行直前のリマインドメールなども無しw)。

出発日当日には流石に不安になりましたが(笑)、成田空港の自動チェックイン機で無事発券出来ました(3時間半前から使用可能)。その後は有人カウンタに寄ることもなく、出国審査を経てそのままゲート側のラウンジに直行する事が出来ました(実は有人カウンタに爆買い中国人の長い列が出来て延々と待たされる、という地獄絵図を想像していたのですが、カウンタも何故か空いていました。平日の午後便だった為か?)。

今回は北京乗り継ぎの便だったのですが、北京からのチケットはどこで貰えるんだろうと思っていたら、成田の搭乗ゲートで私の名前を呼ぶアナウンスがあったので行ってみたら、そこで発券してくれました。ゲートには早めに行ったほうが良いみたいですね。

ゲートに行ってビックリ。何とお湯がいっぱい入ったカップラーメンを持ちながら列に並んでいる人がいるではありませんか(笑)。そうでもして食べたいのか、搭乗時刻になったので仕方無く並んでいるのかは不明です。

dav

機内に入りました。今回は窓側でラッキーです。成田からの便では座席前にスクリーンがあり、映画やゲーム等を楽しむ事が出来ます。

dav

A330の翼ってこんなに大きかったっけ?とビックリするぐらい大きく見えました。

dav

そしてウワサの機内食(笑)。とりあえずウドンをオーダ。食べてみるとウワサほど不味くもなかったです。ただちょっと油が多かったぐらい。成田のケータリングで日本人が作ってるんでしょうから、そこまで酷く無いのでは?という感じでした。

北京までは約4時間程。特に問題も無く快適な空の旅でした。

dav

さて問題はこれから。北京の空港は非常に広大で乗り継ぎも大変だというウワサも聞きます。私は国際線乗り継ぎの列に並んだつもりが、中国国内に入国の列に並んでしまったようで焦りました(笑)。近くに日本人の方がいて指摘してくれたお陰で助かりました。

国際線乗り継ぎの入り口は非常に狭く、奥の方にあり、かつ分かりづらいので、何も考えずにとりあえず列に並ぶようなスタンスだと非常に危険です。周りの人に多少図々しいと思われようとも、割り込みをして正確な列に並ぶことが何よりも大事です。

国際線乗り継ぎの場合でも手荷物検査をやるのですが、これが必要以上に厳しく、かつ効率が悪いです。モバイルバッテリーはチェックされるのであらかじめカバンの外に出しておきましょう。

sdr

私にとって超難関だった北京乗り継ぎを無事クリアし、ラウンジでくつろいでいる様子。それにしても人が全然いなくてビックリしました。中国だから席は人で溢れ話し声がうるさいイメージだったのですが(笑)。

ミラノへの乗継便は何と7時間後となっており、十分過ぎるほどラウンジで宅建の勉強&居眠りする事が出来ました(笑)。

dav

さてようやく乗継便のお時間です。時間は何と深夜1時(笑)。眠いのでタラップから落ちないか心配になります。

mde

そして深夜2時。深夜だからドリンクだけ出してくれれば良いものを、軽食のサービス(笑)。食べずにリュックに放り込みます。

そしてしばし睡眠タイム。北京からミラノまでは11時間もあり、途中で首とお尻が痛くなりましたが(予想に反して?)騒がしい客もおらず割りとよく眠れました。

そしてヨーロッパ空域に入り、もう少しでミラノ到着かな?という時に何とご丁寧に朝食のサービスが!(笑)

mde

自分は北京のラウンジで既にたらふく食べていた為、断ろうと思いましたがブログのネタになると思い、オムレツを注文。見た目不味そうな感じだと思いますが、本当に美味しく無かったです(笑)。ケチャップぐらいは付けて欲しかった。

下手に食べてしまった為、肝心なミラノのラウンジではお腹いっぱいでした(笑)。

dav

ちなみにここでお粥を頼むと上記のモノが出て来ます。これもまた不味い(笑)。北京にて積み込まれた機内食はどちらを引いてもハズレ間違い無しです(笑)。

また帰りのミラノ発の便の場合はパスタ(何とモッツァレラ付き!)も選ぶことが出来、わりと美味しかったです。

mde
sdr

機内食に関して中国発の便の場合は、まず期待出来ませんが(笑)、他の国発の場合は現地の食材を使ってるので美味しい場合がある、という印象でした。

あとエアチャイナの場合、機内でスマホは一切使えない(フライトモードでもNG)というのが注意点です。いじってるとCAさんに必ず注意されます。中国の民用航空法での決まりらしくて携帯の通信機能が引っかかるようです。逆にタブレット端末の場合は何故かお咎め無しらしい。4G対応の機種とかもあるのにね。

 

最後にエアチャイナの気づいた点をいくつか。

  • 中国発の便の機内食はマズイ(笑)
  • 今回遅延は無かったが、便によっては相当遅れるらしい。乗る便の定時発着率を事前に調べるべし!
  • 北京乗り継ぎは要注意。決して気を抜かない事
  • 中国ではGoogle,Facebook等が使えない為、事前に調べておくか事前にVPNの設定をしておく事
  • 機内ではスマホは使えないのでタブレットを用意する事
  • 国際線であれば乗客のマナーはさほど悪くないようだ

 

というわけでこの様な長文をここまで読んで頂き有難うございました。結論から言うと、エアチャイナによる格安で快適な旅は(機内食を除けば)特に問題無く実施可能、と言う事が分かりましたので、是非次回も利用したいと思います!(笑)

クレジットカードラウンジ体験記 in 沖縄

今回は沖縄の那覇空港国内線ターミナルにあるラウンジ華についてレポート致します。

場所は上記の様に、到着ロビー(1階)にあるのですが、Land sideかAir sideかよく分からないビミョーな位置にあります。

実際に行ってみたらLand side(非制限エリア)にあったので、到着時でも出発時でも安心して利用することができます。

受付で対象のクレジットカードと航空券(スマホ画面)を見せて入場しました。今回はジェットスターで成田から来たのですが、LCCにしては珍しくモバイルチェックイン(48時間前から可)が使えたので、非常に便利でした。

一般の方が入場することも可能ですが、大人1,200円、子供600円掛かります。

ラウンジは思ったよりも広かったですが窓が無く、席が密集しているので混雑時にはあまり落ち着かない感じです。

ドリンクにマンゴーとシークァーサーのジュースがあるのが南国っぽくて良かったです。

コーヒーの種類も多かったです。あと柿ピーなどのおつまみが置いてあるのが、個人的に嬉しいです(笑)。

アルコールの無料サービスこそありませんが、空港でのんびり寛ぐには良いラウンジだと思います。施設内にはトイレやシャワー(800円/30分)もあるので便利だと思います。

営業時間は8:00〜20:00でシャワーは19時までの受付だそうです。

那覇に寄った際は、是非使ってみて下さい。

クレジットカードラウンジ体験記 in KIX

今回は珍しく、クレジットカードラウンジについてレポートさせて頂きます。本来であれば関西国際空港第1ターミナルでプライオリティパスの使える、KAL Business Class Loungeを使いたかったのですが、Landsideに位置しているにも関わらず、到着時に使う事は許されておらず、国際線出発時の使用のみに限定されているようなので、今回は使えませんでした。

というわけで仕方なく、楽天プレミアムカードで使う事のできるカードラウンジ比叡(ひえい)に行き先を変更です。

まずラウンジですが、KALのラウンジのすぐ右隣に位置しております(第1ターミナル北3F)。名前が渋く、高級感が漂います。

中は一般的なカードラウンジと言った感じですが、奥まった場所にある部屋はちょっと高級な趣きでした。

一部の座席にはコンセントも用意されております。

アルコールはもちろん有料で、サンプルのみが展示してあります。

失礼ながら、カードラウンジという事で、自分はあまり期待していなかったのですが、このラウンジのソフトドリンクの充実度は凄いです!トマトジュースや充実野菜も飲めるだなんて。チョコも冷えてます。

サンドイッチ等の軽食類は無いですが、ソフトドリンクとお菓子が充実しているのがとても良かったです!

シャワーこそ無いものの、トイレもウォシュレット付きでとても綺麗でした。

部屋の奥の方には喫煙室と有料のマッサージ室がありました。

今回、このラウンジを到着時に使用したのですが、全くイヤな顔をされず、とっても居心地が良かったです。

営業時間は7:30〜22:00までのようです。

 

なお、関西国際空港2Fには有料のネットカフェのようなラウンジ(24h)もあり、比較的新しいだけあって使いやすそうでした。何と、ラウンジ利用者はシャワーを310円!で使えるようです。例え有料でも惹かれるものがありますね(笑)。

羽田空港国際線ターミナルも関空を見習って、もう少し利便性が良くなってくれると嬉しいです。

以上、レポートでした。

 

Priority Pass ラウンジ体験記 in Penang(国内線)

恒例のプライオリティパスラウンジ体験記。今回はペナン国際空港編をお届け致します。ペナン国際空港には国際線と国内線のターミナルが共存しております。ラウンジはいずれもAir side(制限区域)側に設置してあるようです。

国際線の出発ゲート入り口は建物の中央付近にあります。

一方、国内線の出発ゲートは同じ階の奥側に位置しております。

今回はペナンからクアラルンプールへの国内線フライトでしたので、国内線専用のラウンジを利用して来ました。以下、早速レポートさせて頂きます。

まずラウンジは国内線用の保安検査場を抜けてすぐ左の場所にあります。マレーシアではおなじみのPlaza Premium Loungeです。

最初はペナンから出発する際しか利用出来ないかと思っていましたが、位置的にペナン到着時も利用可能のようです。まずスタバが見える位置までひたすら歩いて頂いて、Baggage  Claimの方向には行かず、右前方に進むとラウンジが見つかります。

Priority Passと搭乗券を見せてサインするのはどこのラウンジでも共通です。

広さ、構成はKLIA2にある他のラウンジと同程度のようでした。

カウンターの様子です。食事メニューは7種類もあり、非常に充実してます。

早速チキンライスをオーダー。見た目、非常に美味しそうに見えますが、作り置きのチキンにソースをかけただけでした。ペナンのジョージタウンで食べたチキンライスのほうが遥かに美味しかった(笑)。

一見、アルコールは置いていないかのように見えますが、シェフに頼めばビールを無料で貰えます。何と!2缶もくれました。

なお、このラウンジにも一応シャワーはあるのですが、1室しか無く、しかも有料となっているので、使うならKLIA2のラウンジのシャワーを使った方が良いと思います。

このラウンジを使ってみて思ったのですが、パッと見は他のラウンジと同程度に見えますが、国内線ラウンジの為かオペレーションがあまり良くない気がしました。サラダを取る為のお皿が用意してなかったり、Wifiが繋がらなかったりしました。ドリンクバー付近もコバエが飛んでます。

新聞や雑誌もあまり充実しておらず、ただの飾りみたいに見えました。個人的にはipropertyとかLife Styleを置いてもらえると非常に嬉しいです(笑)。

国内線にはこのラウンジ1つしか無く、競争が無いのでこのようになってしまうのだと思いますが、より良いサービスレベルを目指して頑張って欲しいと思いました。

Priority Pass ラウンジ体験記 in Singapore④

恒例のプライオリティパスラウンジ体験記。今回はシンガポールチャンギ国際空港Terminal1にある、Airport Wellness Oasisのレポートになります。

最初にお伝えしておきますが、個人的な意見としてこのラウンジはTerminal1では最も満足度の低いラウンジでした。ですのでラウンジの利用回数に制限のある方には絶対にオススメできません(笑)。

(ちなみにT1ではdnataラウンジが最も新しく、総合的に1番オススメです。)

しかし何がどう良くないのか、どうすれば良くなるのか、有料ラウンジに期待される役割、等を掴む材料になればと思い、参考までにレポートさせて頂きます。

まず場所ですが、T1の他のラウンジとは異なり、Level2になります。ほぼ中央付近に位置している為、見つけやすいと思います。チャンギ国際空港は出発エリアと到着エリアが分離されていないので、到着時にも使える点は他のラウンジと同様です。

それでは早速ラウンジに入ってみましょう。受付には初老の男性と若い女性の2名のスタッフがいたのですが、お客さんを気にする事もなく、ひたすらおしゃべりを続けていました。目の前のお客さんよりも大事なおしゃべりって一体何?という感じですが(笑)、聞き耳は立てずラウンジに入りました。それにしても客と全く視線を合わせなかった点が気になる。。。

そしてラウンジの中身です。ガラーンw。

何と、お客さんは私一人だけ(笑)。まぁ朝も早いし、こんなものかな?とも思いましたが、この後ハシゴしたdnataラウンジが激混みだった事を考えると、このラウンジがいかに人気が無いのか分かります。しかもたった今Openしたのでは無く、24h営業し続けて結果がこれです。。。

まぁ、とりあえず気を取り直して、食事でもとってみようかと思います。

ドリンク類は可もなく不可もないといった感じですが、アルコールは全く置いてないようです。

食事も軽食のさらに手抜き版といった感じでカップ麺ばかりが目立ちます。まぁ日本のショボいカードラウンジに比べれば遥かにマシなサービスレベルですが、もしこれを都度利用するとなると、1番ランクの低いStandard会員(年会費99USドル)でさえ27USドル!も払わなくてはいけません。いったいこのラウンジのどこにそんな価値があるのでしょうか。

ちょっと興奮してしまいましたが(笑)、このラウンジの唯一の売りはこのFish Spaです。しかし今ドキFish Spaを目当てにわざわざ有料ラウンジに来る人がいるでしょうか。

シンガポールでは空港内に無料マッサージ機なども設置してあるぐらいですから、Fish Spaも無料(もしくは5SGドルぐらい)で開放しちゃえばいいのにと思います。

このラウンジ、シンガポール以外に設置してあれば、そこそこお客さんも使ってくれるとは思いますが、ラウンジ激戦区のチャンギ国際空港においてはまず生き残れないと思います。こんなラウンジを利用しなくても他にレベルの高いラウンジはいくらでもあるのがその理由です。

今後は完全無料のFish Spaコーナーにするか、新たなラウンジを誘致する方が良いかと思います。せっかく多くの方がアクセスしやすいLevel2に位置しているのに勿体無いですね。

以上、レポートでした。

Priority Pass ラウンジ体験記 in Singapore③

恒例のプライオリティパスラウンジ体験記。今回はシンガポールチャンギ国際空港Terminal1にある、SATS Premire Loungeのレポートになります。

ラウンジの位置ですが以下の通りです。

Terminal1、Level3のイミグレーション側に位置しております。それでは早速中を覗いてみましょう。

広さ的にはPlaza Premium Loungeと同程度のようです。しかし・・・

内部ではさらに上級会員用のスペースが予約されているのでありました(笑)。まあサービスが異なる訳でもないので、いいですが。

食事の内容は可もなく、不可もないといった感じです。既に最高レベルのdnataラウンジを見てしまった後なので、特に感動はありません(笑)。KLのPlaza Premium Loungeと同程度といった感じでしょうか。

あまりお腹は減っていなかったので、軽くシリアル等を頂きました。

このラウンジは何故か日本人利用率が高く、雑誌類も日本語のものが多いです。

海外暮らしが長く、日本語の雑誌に飢えている方は、是非このラウンジを利用してみては如何でしょう。

それではまた。

Priority Pass ラウンジ体験記 in Singapore②

恒例のプライオリティパスラウンジ紹介シリーズ。今回はシンガポールのチャンギ国際空港Terminal1で最も眺望の良い、Plaza Premium Loungeをご紹介致します。

Terminal1には4つ程(というか4つも)ラウンジがあるのですが、その中でも滑走路に面しているのはこのラウンジだけです!

場所はTerminal1、Level3のGate側に位置しております。

それでは受付でWifiパスワードをゲットして、早速中へ入ってみましょう!

入ってみてまず驚くのはその眺望の良さ。空港を離発着する飛行機を見ながら食事を楽しめるなんて最高ですね!

メニューは4種類から選べるようです。大好きなチキンライスをオーダーしました。

結構美味しかったです!しかし所詮は軽食。ボリュームは少なめとなってます。

あとはサラダやケーキを摘める程度。サンドイッチもあったと思います。

冷たい飲み物はこんな感じです。

コーヒーやお茶も美味しく頂けます。

そしていよいよ注目のアルコールカウンター!(笑)。プライスボードのような物があり、専用の係の方もいる時点でまず有料と思われます。自分はアルコールを飲む気分ではなかったので、詳しく調べられませんでした。他のお客さんが、アルコールは何故有料なんだ!みたいに怒鳴っていて、何か近寄り難い雰囲気でした。

あとこのラウンジではシャワーも完備です。KLIA2のラウンジのようなアメニティグッズはありませんでしたが、ドライヤー等、最低限の設備は備わっています。

私がひとつだけ残念に思ったのが、このラウンジのトイレにハンドシャワーが付いていない事です。ウォシュレット派の私としてはガッカリです(笑)。

しかし飛行機を見ながらゆったり食事を楽しめる、唯一のラウンジですので、飛行機好きな方は是非一度行ってみて下さい。

Priority Pass ラウンジ体験記 in Singapore

シンガポールのチャンギ国際空港は世界最高のエアポートと言われております。確かに空港にプールや無料マッサージ、植物園等もあってそれなりにすごいのですが、それだけで世界最高?とずっと思っておりました。しかしプライオリティパス会員の視点から見ると、やはり間違い無く、ここは世界最高のエアポートなのでした(笑)。

まずチャンギ国際空港の最大の特徴としては、制限区域内にある、出発エリアと到着エリアが内部で繋がっており、自由に行き来出来る事があげられます。

これが何を意味するかというと、通常、出発時にしか使えなかったAirsideのラウンジが到着時にも使えるという事でなのです!他の国のラウンジの場合はそうもいかず、到着時にはLandsideのラウンジしか使えないのが普通です。

また各ターミナル毎に4つ程ラウンジがあり、3ターミナル合計で11もラウンジがあります(2017年2月現在)。ターミナル間のアクセスも良い事から、ラウンジのハシゴのような事が簡単に出来てしまい、ラウンジ利用者にとってはまるで天国のような環境なのです(笑)。日本の羽田空港国内線ターミナルとは非常に対照的ですね。

今回はTerminal1にあるdnataラウンジをご紹介致します。

場所はTerminal1の東側、Level3、イミグレーション側に位置しております。

このラウンジはTerminal1で最も新しく(2015/11〜)、広大なラウンジとなっております。早速中に入ってみましょう!

このラウンジに来て最初に思った事は、他のラウンジとは格が違う!という事です。

実はこのラウンジに来る前にAirport Wellness Oasisというラウンジに行ったのですが、利用者は私だけで(笑)、接客態度も悪く、サービス内容も悪かったので、すぐ出て来てしまいました。

一方、このdnataラウンジはデキるビジネスパーソン風の客が多く、ラウンジをエンジョイしつつもバリバリとノートPCを使っているのが印象的でした。インテリアも非常にオシャレなのですが、エミレーツ系列の会社が運営しているようです。

 

このラウンジはとにかく料理が豊富でいいですね。それにアルコールもビールから、ワイン、ウイスキー等も無料で飲む事が出来ます。

もちろんシャワー、タオルも完備なので、到着時でも快適に使う事ができます。

そして私的に重視しているポイントがこのトイレ(笑)。通常、マレーシアでは100%完備しているハンドシャワーですが、シンガポールでは設置していないトイレが多いんです。まぁ大をしない場合は無くてもいいのですが、通常食事をとった後とか、お便りが来ませんか?(笑)。

滑走路側に位置していない為、ラウンジから飛行機が直接見れない、というのが唯一の欠点といえば欠点ですが、内容的にTerminal1の中でもイチ押しのラウンジになります。仮眠もできるようなゆったりとした作りとなっているので、是非一度、足を運んでみる事をオススメ致します。

Priority Pass ラウンジ体験記 in KLIA2③

KLIA2のラウンジ紹介シリーズ。今回は制限エリアGate L8付近にあるPLAZA PREMIUM LOUNGEをご紹介します。

KLIA2を利用された事のある方はご存知だと思うのですが、この空港は何と2回も!手荷物検査をやらされます。1回目は出国審査を終えてすぐの場所。2回目は各ゲートの手前の場所です。この厳重な検査のお陰で制限エリアも2段階に分かれる事になり、1度ゲート内に入ってしまうと他のエリアに行けなくなってしまいます(もっとも、ゲートを間違う客もいると思うので全く不可能では無いと思いますが、恐らく面倒です)。

というわけで今回ご紹介するラウンジは、いつでも気軽に行ける訳ではなく、たまたま出発ゲートがLだった場合にのみ利用できるという、奇特なラウンジになります。

まずKLIA2の構造ですが、上記の図のようになっております。国際線は大抵がゲートPかQ。たまにSingapore便等がゲートLでの発着になります。自分の利用する便がゲートLだった場合はラッキーですよ(笑)。

ちなみにGate Jというのは国内線が使用するゲートになります。国内線の場合は残念ながら非制限エリア(Gateway@KLIA2)にあるラウンジのみ使用可能です。

さてそれでは早速ゲートLのラウンジに行ってみたいと思います。出国審査を終え、右手に曲がるとゲートL方面になります。

このエスカレーターを降りると、ゲートLの手荷物検査場になります。他のゲートから出発予定の方は残念ながらアクセス出来無いと思います(しかし、挑戦者求厶!w)。

そして手荷物検査を終え、しばらく歩いて行くとゲートL8、L5付近にラウンジが見えて来ました!

結構派手な看板なので見過ごす事はまず無いと思います(笑)。早速入ってみましょう!

受付でPriority Passと搭乗券を提示し、サインするのはどこのラウンジでも一緒です。まずはWifiパスワードをゲットします。

ラウンジの様子です。広さはGateway@KLIA2のラウンジと同程度でしょうか。午前4時から24時まで利用可能のようですが、私が行った時は午前4時に手荷物検査場が開いておらず、アクセス出来ませんでしたw(結局4時半に開きました)。

ドリンクバーの様子です。あれ?アルコールが見当たらない。。。

おっと、反対側のカウンターにありましたね。しかしビールだけのようですが。ちなみにこのカウンターでは簡単な軽食をシェフがその場で作ってくれます。

ホットドッグを頼んだらこんなにケチャップが(笑)。マレーシア仕様です。

雑誌類もそれなりに充実してます。

このラウンジはゲートLの方でないと利用できないという希少性がありますが、シャワーも無く、24時間営業でもありません。

しかしGatewayのラウンジが混んでいた場合、こちらのラウンジを使用した方が空いていて良いと思います。シェフの作りたての料理が味わえるというメリットもあります。

Priority Pass ラウンジ体験記 in KLIA2②

前回の記事でGateway@KLIA2にあるPLAZA PREMIUM LOUNGEについてレポートしたのですが、思ったよりも狭いラウンジだなあという印象でした。しかしその後の調査の結果、私が見ていたエリアは氷山の一角にすぎず、実はもの凄く巨大なラウンジである事が分かりました(笑)。

汚い図で恐縮ですが、上記は当ラウンジの見取り図となっており、赤い部分は前回私が訪れたラウンジエリア、青い部分は宿泊・休憩エリアを表しております。何とこんなにも広大なラウンジだったんですね!確かに入り口にNap(うたた寝)と書いてありますしね。これはもう、ラウンジというよりトランジットホテルにオマケでラウンジが付いているかのようです。

いくらPriority PassのPrestige会員とはいってもベッドの使用は無理だろうと思いつつも、ダメモトで受付の方に聞いてみたところ、やはりラウンジエリアの利用しかできないと言われてしまいました(笑)。

ではこのエリアはどうやって使うのかというと、普通のホテル同様にAgodaとかで予約できてしまいます(笑)。宿泊できて、しかもラウンジ客同様に食べ放題、飲み放題が付いてきますので、ある意味おトクと言えるのではないでしょうか。空港の近くという事でTuneホテル等が競合らしいです(笑)。

また部屋のタイプも4タイプに別れており、予約する人数や利用したい時間に応じて柔軟に使い分けられるようです。

もう既にPriority Passとは関係ない話となっておりますが(笑)、これだけの宿泊客の存在を考慮すると、我々のラウンジ利用に関しても多大な影響が出ると思います。

通常、単独で行動するPP会員に対して、グループで来ている人間は、まず宿泊客であると見なして良いかと思います。それまで比較的空いていたラウンジが、何の前触れも無く一気に混んだりします(笑)。

参考までにラウンジには以下のような部屋が用意してあるようです。宿泊に興味のある方は読み進めてやって下さい。

SUITE

4時間、6時間、10時間、宿泊と選べる

高そうな名前だが(笑)、値段は最も安く、個人旅行者向け?

STUDIO

6時間、宿泊と選べる

名前はStudioなのに2段ベッドの部屋

FAMILY

部屋の作りは2タイプある?

6時間、宿泊と選べる

TRAVELLER

バックパッカー用の部屋のように見えるが、家族全員で部屋ごと借りる感じで、値段は最も高くFAMILYと同程度のようだ。

 

私は実際に宿泊してませんが、調べているうちに興味が出て来て(笑)、Agodaの情報を参考に内容を纏めてみました(実はPriority PassのサイトやPlaza Premium Loungeのサイトにも休憩や宿泊に関する情報はほとんど掲載が無い)。クチコミ情報によると毛布が無く、冷房が寒いらしいので、宿泊予定の方は注意したほうがいいかもしれません。