カテゴリー別アーカイブ: IT

LINE乗っ取り被害に遭遇しました

テレビのニュースやFacebook上でよく話題となっているLINEのメッセージ盗み読みや乗っ取り被害。でも、どこか他人事だと思っておりました。自分なりに気を付けていたつもりですが、私もとうとう被害に遭ってしまいました。今後被害者が一人でも減るように、恥ずかしながら内容をシェア致します。

先月、自分の友達の友達のLINEが乗っ取り被害に遭いました。アカウントを乗っ取られるとどういう事になるかというと、本人に成りすまされ、LINEで繋がっているほぼ全ての人に詐欺メッセージが送信されてしまいます。

fb_img_1481285861885fb_img_1481285879793

犯人の手口は上記のようにワンパターンで、コンビニ等でWebMoney等の金券類を購入するように要求され、裏に記入されているコードを送信するよう求めてきます。コードを送信した時点で相手に金銭のデータが渡ってしまうので要注意です。

自分はこのようなメッセージが来ても騙されないつもりでおりましたが、自分のアカウントの乗っ取りに関しては無防備な状態でした。

恥ずかしながら、今思うと数日前にアカウント乗っ取りの予兆はあったのに、私の勘違いで見過ごしてしまっていたのです。

screenshot_2016-12-04-01-42-39

真夜中にLINEから上記のメッセージが来ました。私のスマホは海外版の為、メッセージも英文ですし、寝ぼけていた事もあり、私は内容をよく読まず、誰かが私のアカウントにログインしようとしている可能性があるという、軽い警告メッセージであると勘違いしました(実際は誰かにログインされた!という重大な内容。せめてWarning!とか、Caution!とか目立つ様に頭につけて欲しかった。。。)。

念の為、PCからのログインを不許可の設定に変更しましたが、時既に遅しで、犯人は私のアカウントにログイン成功した後なのでパスワードは犯人にバレてます(PCからのログインは出来なくなっても別のスマホのアプリからなら乗っ取り可能な状態)。本来私がやるべき事は、加えてパスワードを早急に変更する事でした。

そして今日になって、LINEからまた同じ警告メッセージが来ました。誰かがアカウントにログインをしていると。そして自分がLINEのパスワードを変更しようとしていたら、急にスマホでLINEが使えなくなり、完全に乗っ取られてしまいました(その場合は下のような画像が表示されます)。

screenshot_2016-12-10-08-53-46

乗っ取られてからの犯人の動きは非常に素早く、すぐ友達に迷惑メッセージが送られてしまいます。

fb上の友達は既にLINE詐欺についてよく知っており、私の名前で変なメッセージが届いた為か、LINEが乗っ取られている旨をすぐ知らせてくれました。しかし中にはLINE詐欺の具体的な手口を知らず、私と勘違いしていた人も何人かいたので、本当に危なかったです。

そもそも1台のスマホでしか使えないはずのLINEが何故、いともこう簡単に乗っ取られてしまうかというと、スマホだけでなく、タブレット(iPadのみ)PCでも使えてしまうという、余計な機能が付いているからです(しかもデフォルトでアクセス出来る設定!)。

me-ru

Eメールアドレスパスワードさえ推測できれば、誰でもPC経由でログインできてしまうのです(PC版を最初にインストールした方は加えてケータイ番号からのログインも出来てしまう)。

2016-12-09-23-57-06

PCやiPadからのログインを防ぐには上記のチェックを必ずOFFにして下さい(場所は 設定 > アカウント > ログイン許可)。

これをやっておけば、あなたのパスワードを犯人が解明しない限り、ログインする事は出来ないはずです。

(ちなみに犯人が既にPCからログイン中の場合は締め出されます。その際は早急にパスワード変更も併せて行って下さい)。

lineblock

またパスワードは他のサイトと同じものにせず、可能な限り長く複雑なものにする事をオススメ致します。

万が一、被害に遭ってしまった際は、私のようにfbやメール等で被害に遭った旨の早期拡散、LINE問題報告フォームでの通報を行い、被害者が出ない様に努めて頂ければと思います。

この様な犯罪が早く無くなるといいですね。

台湾SIM(中華電信)を使ってみた

先日、台北に旅行に行った際、Internetに関してはマレーシアで入手したプリペイドSIM(U-mobile)による海外ローミング(RM10/day)で済ませる予定でいました。過去に高雄で、問題無く使えた実績があるからです(この場合、現地ではTaiwan Mobile経由、3Gでの接続になります)。

2016-11-29-17-33-17

しかし、日本を出発してからこのSIMにTop upし忘れていた事に気付きました。残高が無いので、これではSIMを持っていても何の意味もありません(笑)。

自分はエコな人間なので、使い捨てとか本来好きでは無いのですが、今回は仕方無く現地SIMを購入する事にしました(笑)。

桃園国際空港ターミナル1到着ロビーを出て右に行くと、プリペイドSIMのカウンターがいくつもあります。

20161117_090646

中華電信さんは台湾でNo.1だそうなので、迷わずそのカウンターに向かいます(笑)。ただどこの会社のSIMを使っても料金的には大きく違いは無いようです。

20151231_124655

今回の旅は5日間で、4G/3Gによるデータ通信さえ出来れば良かったのでプランB(NT$300:約1000円)にしました。オマケでWifiとNT$50分の通話が付いてきますが、結局これらを使う機会はありませんでした。

パスポートを提示して、300ドルを払います。SIMを見せろと言ってきたので、U-mobileのSIMを渡すと、スマホに中華電信のSIMを挿し、説明書の裏にU-mobileのSIMを貼り付けて渡してくれました。

20161117_090730

ちなみにSIMの大きさには3種類あり、大抵の方はnano SIMかmicro SIMなのですが、今回のように問答無用でSIMを抜くスタイルはトラブル防止になりいいと思います(笑)。

20161129_100504

左からnano SIM、micro SIM、標準SIM(抜け殻)になります。

20161129_170859

購入する際、係のお姉さんが早口でいろいろ説明してくれますが、聞き逃しても同じ内容が説明書に詳しく書いてありますので大丈夫です(笑)。しかも4カ国語で!

screenshot_2016-11-17-09-10-43

一番心配だったのがAPN設定でしたが、既にinternetという名前で設定済みで、APNも2つしかSIMに入っていないので、心配はいらないと思います。不安な方はSIMによるInternet接続が確認できるまで、カウンターの近くから離れない事です(笑)。カウンターのお姉さんにヘルプを依頼しましょう。

screenshot_2016-11-17-13-31-27

なお、このSIMは街中では全く問題無く使えました。旅行中にSIMで動画を見る必要性は全く無いので、速度はあまりあまり気にしませんでしたが、上りも下りもストレスは無かったです。

20161121_165436

なお、桃園国際空港にはプリペイドSIMの他にWifiルータのレンタルも行っているので、スマホの設定に自信の無い方や、携帯電話を使う予定の無い方は、こちらで借りると良いでしょう(到着出口から左)。

と言うか、SIMフリースマホを持たない、大多数の日本からの旅行者の場合、Wifiルータレンタルでないと現地でモバイル通信出来ない恐れがあります(Wifi経由であれば日本のSIMロックされたスマホでも通信できます)。

但しWifiルータもデポジット(大抵はカードによる)を一時的に取られるのと、帰国する際、忘れずにルータの返却が必要な点に関しては気をつけて下さい。

それでは皆さん、良い旅を!