「ラウンジ」カテゴリーアーカイブ

AEON(イオン)ラウンジ体験記 in 座間

久々のイオンラウンジの記事になります。実は今までラウンジにはイオンオーナーズカードという株主用のカードで入室していたのですが無情にも有効期限が切れ、しばらく入室不可となっておりました(笑)。

今回、晴れてカード修行に成功し、イオンゴールドカードを取得した為、ラウンジ記事を再開したいと思います。

今回訪れたイオンモール座間は2018年3月にオープンと、神奈川県で最も新しいモールとなっております。それでは早速ラウンジに行ってみましょう!

ラウンジは3Fの立体駐車場近くにあります。私が驚いたのはラウンジの営業時間が10時半〜19時と長いことです。これは便利そうですね。

ラウンジ外観

AEON LOUNGEと表示されていますが、そのまま真っ直ぐ行くとトイレに行ってしまいますので、ここで左折します。

ラウンジ受付

受付で該当のカードを提示し、お菓子を頂いて入室です。他のラウンジ同様に「ご利用は30分以内で」とテンションの下がる呪文を言われてしまいます(笑)。開店直後でガラ空きなのにねー。

ラウンジ内部の様子です。やはり新しいだけあって中はキレイで広いです。コーヒーマシンも最新型。1階のAEON CAFE(有料)で使われているマシンと同型でした。また私がこだわるポイントである窓もありました!しかし外は立体駐車場(笑)。

お菓子、ドリンク類は他と一緒ですw。

最新のラウンジだけにUSBポートまで完備!

所感ですが、ラウンジは広くて空いているので神奈川県ではベスト3に入るレベルかと思います。しかし自分はいかにもカードラウンジといったお固いデザインのイスが嫌でした。実際肘や背中が痛い(笑)。

またこのラウンジ内にトイレは無いため、ドリンクを飲み続けてラウンジに滞在するのは不可能です(笑)。スタッフの方もあまり30分ルールにこだわり過ぎないでもらいたいですね。混雑時のみアナウンスするようにして欲しい。

このイオンモールも他のモール同様、太陽光発電に非常に力を入れています。自分はイオンのこういうエコな所が大好きです。ちょっとした発電所レベルの発電量ですね。

モール内には魅力的なテナントが多く、中でも飲食系は非常に充実していて、ランチに何を食べようか迷ってしまうほどです(笑)。さすが最新のモールですね。

イオンモール座間は家から遠い方でもわざわざ出掛けるだけの価値はあると思いますので、一度行ってみては如何でしょう。

以上、ラウンジ紹介でした。

Tiatラウンジ体験記 in 羽田

 

※注 このラウンジはPriority Passでは入れません

 

羽田空港にプライオリティパスの使えるラウンジが1つも無いことに不満を持っているLCC旅行者の方は多いと思います。実は私もその一人です。以前イギリスの本部にクレームした事があるんですが、Hanedaには作る予定は無い、と冷たく一蹴されちゃいました(笑)。

そんなLCCな人々が羽田でラウンジを使う為には、クレジットカードラウンジであるSkylounge、またはSkylounge Annexを使うしかありませんでした。楽天などのゴールドカードを使って。当然ソフトドリンクぐらいしかありません。

しかし上記のラウンジを使っていると、奇妙な事に気が付きます。Skyloungeとほぼ同じ位置にTiat lounge、Skylounge Annexの近くにTiat lounge Annexというラウンジがあるのです。

ほぼ同じ位置に2つのラウンジが…

最初はこれらは名前こそ違うけど、実は同じラウンジを使い回しているのかな?と思いましたが、どうやらそうでは無い様です。Tiatと名前が付くラウンジはプライオリティパスの多くのラウンジと同じように、お酒やお食事、シャワーまで無料で使えてしまうのです!これはどうにかして使ってみたい!とずっと思っておりました。

実はこのラウンジ、Amexやダイナース、プライオリティパスなどでは使えないのですが、三越や伊勢丹のゴールドカード(MIカード)やトヨタのTS Cubicゴールドカードという限られたゴールドカードであれば使用が可能なのです!(しかもMIカードは即時発行、店頭受取が可能なので超オススメです!)。

TIAT Loungeはお金を払っても入れない

では実際のラウンジの様子をレポートします。受付カウンターはSkylounge、Tiat loungeも同じなのですが、見せるカードによって違う入り口を案内されます(笑)。

sdr

ラウンジの中はこんな感じで、Skyloungeより空いている為か、とても広く見えます。

sdr
dav
sdr
dav

食事の様子です。実は前回Tiat lounge Annexを使ったのですが、食事の内容は全く同じで新鮮味がありません(笑)。しかしお酒飲み放題はいいですね。ビールとワインを頂きました。

せっかくなのでシャワールームも見てみます。出発前に家でシャワー浴びてきたけどね(笑)。

dav
dav
dav

アメニティとしてヘアブラシ、歯ブラシ等がありました。十分な内容です。

LCCを使われる方で羽田でプライオリティパス級のラウンジを使いたい方は是非一度Tiat loungeを使ってみて下さい。とっても快適ですよ!

AEON(イオン)ラウンジ体験記 in 秦野

恒例のイオンラウンジ体験記。今回は神奈川県の秦野からのレポートです。正直この秦野という町は我が家からはほど遠く、ツーリングなどで遠出した時ぐらいしか利用することは無いでしょう。

一応ブラックレーベルのラウンジですが、例のごとく洋服売り場の中にあり、ゴチャゴチャした印象です。

ラウンジ内部

ただ内部は割と広く、まだ綺麗さが残っている感じでした。しかし窓がありません。

いつもと同じ様な内容(笑)。

このラウンジの評価すべき点としては内部にトイレがある事ぐらいでしょうか。

ほぼ自分の為のラウンジ備忘録のような内容になってしまいましたが(笑)神奈川県のNo.1ラウンジはやはりイオン大和店ですかね。もっといっぱいラウンジが出来てくれると嬉しいです。

ではまた。

AEON(イオン)ラウンジ体験記 in 南風原

恒例のイオンラウンジ体験記。今回は沖縄県のイオン南風原店です。このお店は那覇市からは割と近いものの、やはりクルマでないと来れないと思います。私はドライブの帰り道に寄りました。

ラウンジは2階にありました。予想に反して?ブラックレーベルでした。今回はどのような造りなのでしょうか。

中を覗いて見ると、何という事はない、ピンクレーベルのラウンジとほぼ同じクラスの内容でした。もちろん窓はありません。

今回をもちまして、沖縄県のラウンジ4箇所を全て制覇したのですが、いずれも窓なしラウンジばっかりでちょっとガッカリでした。それに比べて千葉県のラウンジのレベルの高いこと!

私の中のベストラウンジはボンベルタ成田店なのですが、このラウンジを超えるラウンジには当分お目にかかれないような気もします。

以上、ラウンジレポートでした。

AEON(イオン)ラウンジ体験記 in 具志川

恒例のイオンラウンジ体験記。今回は沖縄県のイオン具志川店です。場所ですが、那覇市よりもかなり北のうるま市にあります。

本来であればこのお店に立ち寄る機会は無いはずなのですが、この具志川店の北西には海中道路、伊計島という素晴らしい観光スポットがあり、休憩の為の拠点として使うと非常に便利だと思います。

ちなみに伊計島のビーチはこんなに綺麗だったりするのですが、施設利用料として400円(大人1名)も取られるので要注意。

それでは早速ラウンジに行ってみましょう。モールの造りがやや古い感じなので、ピンクレーベルだろうと思いましたが、やっぱりその通りでした(笑)。

あまりにも予想通りの内容なので、もはや驚きも落胆もありません、と書きたいところですが、お菓子の種類が4点と他のラウンジよりやや多かったです。それと親子連れに配慮しているようで、私が貰っていない、やや大きめのお菓子の袋を渡していました。我ながら、よく観察したなと思います(笑)。

沖縄本島の中部エリアをドライブされる際には是非立ち寄ってみては如何でしょう。

以上、ラウンジレポートでした。

AEON(イオン)ラウンジ体験記 in 沖縄ライカム

恒例のイオンラウンジ体験記。今回はイオンモール沖縄ライカム店です。このモールは沖縄でも最大級の広さらしく、ラウンジも期待できそうです(笑)。

まるでマレーシアのモールのように広大でゆったりした造りです。ラウンジは3FでAeon Styleとモールの間の辺にあります。

ラウンジを発見!新しいモールなので当然かもしれませんが、信頼のブラックレーベルです。

受付を済ませて中に入ります。天井は高くて南国風なインテリアはいいのですが、残念な事に窓がありません。窓側エリアはテナント優先なんでしょうかね。

ラウンジの中もグリーンが設置してあっていい感じですが、窓はやっぱり欲しいです。

例のごとく使用禁止なコンセントw。どうしてこうも厳しいのか。長居防止の為?

正直、ラウンジの内容にはちょっとがっかりでしたが(というか自分が期待しすぎ?)、このモール自体、ラウンジが不要なくらい、素晴らしい造りとなっています。

ガーン!(笑)。凄くないですか?この美しい大水槽!ナポレオンフィッシュもいます。

ドリンクこそ有料ですが、とっても寛げる無料ラウンジコーナーもいっぱい設置してあります。

また、あまり美しくない風景ですが、一応オーシャンビューだったりします(笑)。

沖縄観光のついでに是非寄ってみては如何でしょう。私はレンタカーで行きましたが駐車料金は無料でした。その他に空港から直通バス(152番)が出ているそうなのでそれに乗るという方法もあります。

以上、ラウンジレポートでした。

クレジットカードラウンジ体験記 in 沖縄

今回は沖縄の那覇空港国内線ターミナルにあるラウンジ華についてレポート致します。

場所は上記の様に、到着ロビー(1階)にあるのですが、Land sideかAir sideかよく分からないビミョーな位置にあります。

実際に行ってみたらLand side(非制限エリア)にあったので、到着時でも出発時でも安心して利用することができます。

受付で対象のクレジットカードと航空券(スマホ画面)を見せて入場しました。今回はジェットスターで成田から来たのですが、LCCにしては珍しくモバイルチェックイン(48時間前から可)が使えたので、非常に便利でした。

一般の方が入場することも可能ですが、大人1,200円、子供600円掛かります。

ラウンジは思ったよりも広かったですが窓が無く、席が密集しているので混雑時にはあまり落ち着かない感じです。

ドリンクにマンゴーとシークァーサーのジュースがあるのが南国っぽくて良かったです。

コーヒーの種類も多かったです。あと柿ピーなどのおつまみが置いてあるのが、個人的に嬉しいです(笑)。

アルコールの無料サービスこそありませんが、空港でのんびり寛ぐには良いラウンジだと思います。施設内にはトイレやシャワー(800円/30分)もあるので便利だと思います。

営業時間は8:00〜20:00でシャワーは19時までの受付だそうです。

那覇に寄った際は、是非使ってみて下さい。

AEON(イオン)ラウンジ体験記 in 那覇

恒例のイオンラウンジ体験記。今回はちょっと遠出しまして(笑)、沖縄の那覇店まで行ってきました。沖縄県にはラウンジが4つあるのですが、那覇店はゆいレールで行ける唯一のラウンジになります。

最寄りは空港から2駅目の小禄(おろく)駅でイオンの2階とブリッジで繋がっています。

それでは早速ラウンジに行ってみましょう!ラウンジは3階にありました。

一見、ブラックレーベルのラウンジに見えたのですが、奥の方を見てみるとピンク色の看板が。。。この時点で窓無しの狭いラウンジを覚悟しなくてはいけません(笑)。

中に入ると私の予想は見事に的中しましたw。沖縄だから、広くて窓があってキレイな海が見えるラウンジとか期待してしまうのですが、これって高望みでしょうか?

琉球新報を読む。やはり土地柄か、米軍基地に関する記事が紙面を占める割合が高いです。

私が訪れたのは平日の為か、待ち時間も無くラウンジに入れたのですが、やはり人気があるらしく、人の出入りが多くてちょっと落ち着かない雰囲気でした。

ただ皆さんマナーが良く、長居する客は少なかったです。

以上、レポートでした。

AEON(イオン)ラウンジ体験記 in 久里浜

恒例のイオンラウンジ体験記。今回は神奈川県で最も南に位置する、イオン久里浜店です。

イオン久里浜店ですが、大きさ的にはやや小ぶりで屋上に自動車学校が併設されております。コメダ珈琲が入っているのが羨ましいw。それではさっそくラウンジに行ってみましょう!

ラウンジは2階の子供用品売り場にありましたが、ちょっとゴチャゴチャした印象です。一応ブラックレーベルなので期待(笑)。

特に並ぶことも無く、受付を済まし中に入る。ラウンジの広さ的には中くらいですが、窓が無いので閉塞感があります。

お菓子は3種類貰えました。ナッツが美味しかったです。

何故かJTBのパンフが置いてありましたw。ラウンジ内にカートを持ち込む客がいて、ちょっと見苦しい感じがします。

このラウンジの良いところはトイレが中にある事です。中には入ってませんがw。

ラウンジは割りとすぐ混むので落ち着かないですが、粘る客が少なく、皆さん周りの状況を察して早めに上がってくれるので、回転はいい感じです。久里浜自体が観光地なので旅行客が多いような気がします。ちなみに久里浜の海はこんな感じ。

駐車料金ですが車の場合、1円以上のお買上げで1時間無料、バイク・自転車場合は3時間無料となっているようです。

三浦半島に寄った際には、是非一度行ってみて下さい。

AEON(イオン)ラウンジ体験記 in イオン南砂

恒例のイオンラウンジ体験記。今回は東京都のイオン南砂店です。

駐車料金は何と!1時間で500円もしますが、店内で何か買い物(金額の制限無し)をすれば駐車券にスタンプを押してくれて無料になります。

それでは早速ラウンジに行ってみましょう!

すると、残念な事にピンクレーベルのラウンジ表記が見えて来ました。おまけに長〜い待ち行列がw。この時点で入るのを止めようかと思ったのですが、せっかく取材に来てるので、仕方無く待つ事に。。。

周りはおばちゃん、おばあちゃんばかり(笑)。よくもまぁ皆、こんなにも長い行列に耐えられますね、と言った感じです。30分ぐらいは待たされたと思いました。

ようやくラウンジ内に。いつものお菓子と退出予定時刻の書かれた札が(笑)。

室内はご覧の通り、狭くて窓もありません(笑)。こんなにも居心地の悪いラウンジにも関わらず、どうしてこんなに行列が出来るのか、理解に苦しみます。きっと皆さんタダに弱いんですねw。ちょっとでもお金を払えば、もっと居心地の良くて寛げる空間はいくらでもあると思いますが。

このラウンジも混んでいて落ち着かないのでそそくさと退散。このところラウンジ3連敗中ですが、次こそは理想のラウンジに巡り会える事を信じて、また旅に出ようと思います(笑)。