「ソウル」カテゴリーアーカイブ

旅のお供にJCBカード?

皆さんはJCBカードって持ってますでしょうか?はい、私も一応持っておりますが、VISAやMASTERに比べ、海外での通用度が低いような気がして、今まではあまり積極的に使っておりませんでした。

海外旅行では財布をスられたり、紛失するリスクがある為、持ち物は最小限にして、海外で使う予定の無い日本の運転免許証やメンバーズカード等は常に抜いておりました。今まではJCBカードもそんなお留守番カードの1つでした。

しかし、以前ソウルに行った際、JCBカードを持っていないばかりに、非常に悔しい思いをしました。その衝撃の内容とは…

fb_img_1480297845829

ガーン!JCBカード、2枚も持ってるのに1枚も持って来なかったよ!(涙)

image_arex_640x400

韓国の空港鉄道A’REXといえば、日本でいうところのスカイライナーや成田エクスプレスに相当する、空港への市民の足です。そのチケットが、ゴールドでもプラチナでも無い、年会費無料の一般提携カードであっても無料で貰えてしまうという、何とも太っ腹な内容です(しかも各駅列車ではなく、特急列車のチケットです!)。

この日を境に私は生まれ変わりました(笑)。次回、海外旅行に行く際は必ずやJCBカードをお供に連れて行くと。

結局、韓国に行く機会がこのあと二度ほどあり、一度だけ無料チケットの恩恵に預かることができました。このキャンペーンは相当評判が良かったらしく、何度も何度も延期されたようですが、さすがに三度目にソウルに行った際は当初の実施期間通り終了しておりました。とっても残念(笑)。

そして先日ですが、台湾に行った際、台北にあるJCBプラザラウンジ(無料)にて旅の情報収集でもしようかと思い、JCBカード持参で行ってきました。初めてのラウンジ体験です!

2016-11-28-11-39-17

ラウンジの場所は台北駅の北、最寄り駅はMRT中山駅のようです。ちなみにJCBプラザとJCBプラザラウンジの2種類があり、JCBプラザラウンジの方がサービス内容が豊富なようです。

2016-11-28-11-38-07

自分の考えでは、その日が台北に到着する初日だったので、コーヒーでも飲みながら、どこに行こうか情報収集しようと思ってました。まずは中山路をひたすら北に歩いて行きます。

20161117_113559

すると台新銀行の赤い看板が。JCBプラザラウンジはこのビルの中にあります。

20161117_110736

おお、早速見つかりました!ラウンジ自体は午前9時から開いているのですが、肝心な土日祝日は営業していないようなので、注意が必要です。そしてエレベーターに乗っていざラウンジへ!

20161117_111809

ラウンジの中はこんな感じです。思ったよりも狭い気がしましたが、JCBカードを持っていれば無料で使えますので有り難い限りです。日本語堪能な台湾人女性が親切にサポートしてくれます。

20161117_111555

今回私が最も嬉しかったのは悠遊カード(台湾の交通ICカード)の無料プレゼントでした。しかもNT$50チャージ済み!全然期待していなかっただけに、素敵なサプライズとなりました。

実は以前から悠遊カードは買おうと思っていたのですが、高雄で使えないなど問題点があり、台湾全土で使えるようになってから買おうと思ってました。今回、空港到着時に悠遊カードを買おうとして、職員の方が不在で買いそびれたのですが、結果的にはそれで良かったです(笑)。

なお、この悠々カードはMRTだけで無く、バスや台鐵(一部区間)、コンビニなどでも使う事が出来て非常に便利です。

20161117_111803

その他にも台湾新幹線(高鐵)や台北101展望台の割引サービス等もあるらしいので、チェックしてみるといいでしょう。

私は決してJCBの回し者ではありませんが、2度もオイシイ思いをさせて頂いたので、次回も必ずやJCBカード持参で旅をすると思います(笑)。ラウンジ利用も楽しみ♪

それでは皆さん良い旅を!

The SPA in garden5

韓国のソウルには数多くのチムジルバン(日本で言うスーパー銭湯)があり、宿泊も可能なことから、個人旅行時には大変重宝しているのですが、たまにはいつもと変わった所にも行きたいなと思ってました。

するとネットでThe spa in garden5という、今まで見た事もないようなモダンでキレイなチムジルバンが見つかりました。このGarden5はIRIS(アイリス)というドラマの撮影の舞台にもなったそうです。好奇心旺盛な私は早速行ってみることにしました!

まず場所ですが、観光エリアから全く外れた郊外にあるので、この時点で行くのを諦めてもいいと思います(笑)。それでもまだ興味がある方はピンク色の地下鉄8号線に乗ってチャンジ(長旨)駅まで行って下さい。

途中で気がめげそうになるぐらい、ソウル中心部から遠いですが、駅を降りるとモダンな街並が姿を表します。

20161014_090306

おお、スゴイ!韓国にもこんなキレイな街があるんですね。

さて肝心なチムジルバンですが、駅からは最も遠い、TOOLという棟まで行かねばいけません。私は地下1階からひたすら歩いて行ったのですが、途中emart等を通る為、分かりづらかったので、素直に地上を歩いて行ったほうがいいかもしれません(ちなみにSPAに行く際に使うエレベーターはemartのある地下1階には止まらないようです)。

20161014_083344

さて、ようやくTOOL棟に着きました。SPAは10階に位置しているのですが、下記の写真のGate5にあるエレベーター以外ではたどり着けないようです。

20161014_083800

20161014_083135

この金属製のモニュメントとコンビニの間にGate5があります。ここのエレベーターで10階まで上がります。

20161013_213019

私は夜に行ったので、行き方が良く分からずGate6から入ってしまい、ダミー?のエレベーター(7階止まり)で上まで上がり、とても怖い思いをしました(笑)。中はまるでゴーストタウンみたいにテナントもほとんど入っておらず、スカスカなビルです。

20161014_082754

さてようやくSPAに着きました!今までの苦労が吹っ飛ぶぐらいのキレイな外観です。テンションも上がってきましたw。

ここで入場する前にユートラベルノートで事前に入手した3,000ウォンの割引券(初回のみ利用可)を用意。入場料1万ウォンのところ、7千ウォンに割り引いてくれました。結構な割引額ですが、こうでもしてくれないと一般の観光客には遠すぎて、まず来ないと思われます。。。

20161014_081450

20161014_082528

20161014_081632

このスパ、昼間に行くぶんにはモダンでキレイに見えていいのですが、夜に行くと景色もよく見えない為か、アラばかりが目につきました。肝心なお風呂エリアはあまり広くなく、温湯はぬるく、熱湯は熱すぎてちょっと不満でした(苦笑)。

20161016_194439

しかしお風呂以外の部分、Book Cafeやシネマルーム等、他のスパには無い施設も沢山充実しており、人によっては居心地が良いかもしれません。もちろんチムジルバンの種類も豊富ですし、売店や食堂、床屋、垢すり等も完備してあります。

ただ私が最も感銘を受けたポイントは実はチムジルバンではなく、スマホ充電者への配慮でした(笑)。最初はコンセントが中々見つからず、非常に困っておりました。

しかし館内をくまなく探してみると、結構コンセントが見つかるではありませんか!

20161016_201932

中庭周辺廊下に謎のコンセント群が!w

20161016_205407

何と寝ながら充電可能な最強配置!w

旅行者にとって、スマホへの充電は死活問題の為、このような配慮は大変助かります。あと無料WifiはT Free Wifi Zoneというのが中庭付近で使用できました。

このスパの感想を一言で言うと、日帰り利用の方はわざわざここまで来る必要は無いと思いますが、設備がモダンで大変充実している為、経験として一度ぐらいは行っても良いかと思います。

旅行者で宿泊狙いの方は、是非利用してみる事をオススメします(但し滞在が12時間を超えると追加で課金されるので注意)。

以上、チムジルバンレポートでしたw。

求む!挑戦者!(笑)

 

基本情報

住所:ソウル特別市松坡区文井洞292 Garden5 Tool 10階

電話:02-404-2700

営業時間:24時間定休日:なし

日本語:不可

カード:可

韓国版italo? itxセマウル号

韓国版新幹線といえば、フランスTGVの技術を元に作られたKTXが有名です。ソウル〜釜山を約2時間半で結ぶのですからとっても高速です。ビジネスで出張される方には重宝されている事でしょう。

ただ移動に飛行機ではなく、あえて列車を選ぶような旅行者の視点からすると、スピードはさほど重視される項目ではなく、それよりは韓国の車窓風景を眺めながらのんびりと、ある程度快適な車両でエコノミーな旅ができれば十分だと思います。

釜山〜ソウル間のように、ある程度纏まった区間を移動するための何かいい方法はないかなと漠然と思っていたのですが、前回ソウルに行った時、偶然見つけました。この赤い列車を!(笑)。名前はitxセマウル号というそうですね。

最初見た時の感想ですが、その赤い車体からまるでイタリアの特急列車italo(イタロ)みたいだなと思いました↓。

2016_110414_4624_976

しかしよく見るとitaloの方が比較にならない程高級感があり(何というか色気がある)、車体が赤いからというだけで、本来比較などすべきでは無いと思いますが(笑)、itxセマウルもまだ新しいですし、それなりにカッコイイ列車だと思います。

今回は釜山からソウルまで移動した際にitxセマウル号を使ってみたので、その時の感想を記述したいと思います。

20161012_113737

写真は韓国第二の都市、釜山にあるKORAILの釜山駅です。ガラス張りでモダンな作りとなっております。この駅からは主にソウル方面行きの行きの列車(主にKTX)が発着するのですが、その中のごく限られた列車がitxセマウル号となっております。希少価値があるというだけで是非乗りたいと思ってしまうのは私だけでしょうか?(笑)

20161127_144959

ちなみにチケットは自販機、もしくはチケット窓口にて購入できますが、自販機では現金もしくは韓国発行のクレジットカードでないと使えないので注意が必要です。

ソウル駅もそうなのですが、韓国の鉄道(KORAIL)は改札が無く、チケットを持っていなくても、ホームまで行けることが多いです。KTXが荷物検査等をしているのに対し、itxセマウルではそのままホームまで降りられました。

20161012_132622

早速列車がやってきたので乗車する事にします。KTXと異なり、itxセマウルは車両編成が少なく、6両と短くなっておりました。

20161013_132628

まずは真っ赤に塗られたドアがお出迎えです。こういう色使い、私は大好きですw。

20161013_132635

座席はよくある片側2列の座席となっており、グリーン車に相当する車両は無いようです。あとはトイレと自販機がある程度。

20161013_132112

itxセマウルだけどKTXマガジンが置かれておりますw。テーブルは金属製でアームレストから引っ張り出してくるタイプです。

20161013_132135

乗客も少なく、のんびりと旅を楽しめるかなと思った矢先、突如私の席の隣に別の乗客が。。。他にも空いてる席はいっぱいあるのに何故?とブルーになりました(笑)。

あと、座席にはコンセントがあると思って期待していたのですが見つかりません。車内でWifiも使えると聞いていたのに何故か接続出来ませんでした。。。

20161013_135908

13時40分、列車は出発の合図も無く、いつの間にか発車。釜山近郊の、のんびりとした車窓風景が広がります。

20161013_142539

20161013_152650

車窓からの景色は悪くないのに何故か落ち着かない。原因を考えたのですが、そもそも車内に乗客が多すぎる。しかも韓国らしく、車内で電話している人もいたりするのだ。

京釜線はメジャー路線の為か、利用者がもの凄く多い印象。空調温度も若干暑い。もっとゆったり旅したいなと思った。

気分転換にトイレへと向かう。

20161013_132643

すると扉付近の座席にコンセントを発見!コンセントは、各号車の前後3席の席のみに設置されているようです。チケット購入前に知りたかった。

20161013_154802

トイレは可もなく不可もない清潔度でした。ちなみに撮影の為に私がわざわざ掃除を施してあります(笑)。

20161013_161901

20161013_161908

20161013_164814

20161013_172244

途中、KTXと並走する場面も。itxセマウルはKTXの軌道は使わず、従来の京釜線の軌道を走ります。

20161013_172848

ここまで来ると、もうソウルに近づいてきたなぁという感じがします。

20161013_173954

それにしても立っているお客さんが多く、非常に落ち着かない。彼らは自ら立ち席を選んで購入しているので、これはこれで正しい姿なのだが、席を譲らなければいけないようなソワソワした気分になります(笑)。

ここまで混んでると気軽にトイレに行く気になれません(席を外した際に席を盗られそう。指定席なのにw)。車内には自販機があるらしく、コーヒーでも買いに行きたかったのですが、とても無理そうな状況です。

20161013_184223

そうこうしているうちに18時40分、ようやくソウル駅に到着しました!それにしても長い道のりだった〜!辺りは既に真っ暗になってます。

20161013_184329

itxセマウルという列車が如何に短い編成か、よく分かる写真です(笑)。短っ!もう少し長くすれば車内にいっぱい人が座れていいのにね。

20161013_185127

20161013_191347

結局、ソウル駅までは5時間ぐらい掛かりました。ずっと座りっぱなしでしたが、何というか、精神的にとても疲れる旅でした(笑)。

itxセマウルでの旅は、せいぜい2時間ぐらいがベストですね。というか、この列車は長距離を走る通勤列車みたいな感じで、車内も混んでいるので、もう乗る機会はないかもしれません(苦笑)。

それではまた!